【徹底解説】低すぎる!そりゃ人材不足になりますわ…日本のITエンジニアの年収が低いわけ!初心者向け

IT業界 収入

現在日本のITエンジニアの年収は、米国のITエンジニアの半分以下と言われています。
もちろん物価の差もあるので、一概にはいえないですが、それでもこの年収の差はかなり大きいと思います。
実際この待遇の差が、両国のIT業界の進歩に少なからず影響していると思います。
ちなみに、サンフランシスコと東京で、家賃以外の物価の差はあまり無い印象にあります。(全部を比較したわけでは無いですが)またサンフランシスコ市内の2LDKの家賃相場が約50万円で、都内の場合は、20万円程でしょうか。
仮に、サンフランシスコの場合、月収100万円、東京の場合、半分の50万円とした時、家賃を差し引いても月で20万円の差があります。年間200万円以上差が出ているのです!
これだけの差があると、誰が日本でITエンジニアになろうと思うのでしょうか?より技術が進歩すれば、フリーランスなどの個人がアメリカの仕事を日本で、と言う働き方も可能になります。
そうなれば、優秀なエンジニアはみな日本の仕事をしなくなり、より世界に取り残されるかたちとなるでしょう。
では、なぜここまで日本のITエンジニアの年収が低いのか解説していきます。

日本のITエンジニアの年収が低い理由

日本のITエンジニアの年収が低い理由は、日本のITエンジニアがIT企業に勤めているからです!
ん?と思うかもしれませんね。webサービスを運営していれば、IT企業と言うわけではありません。
例えば、自動車企業で自動運転技術などIT系の開発をしてはいますが、これは自動車企業です。みたいな形で、ITサービスを提供していてもIT企業では無いケースはかなり多いです。こういった企業を、エンドユーザー企業と言っています。
では、IT企業とは?ざっくり言うと、システムエンジニアやプログラマーなどがプログラミングや実装開発をして収益を得ている企業です。
つまり、システムインテグレーター企業(ITソリューションを提供する会社)や受託請負企業、SES企業は、IT企業と言えるでしょう。
そしてこのIT企業に日本のITエンジニアは勤めているケースが圧倒的に多いです。
最近では、エンドユーザー企業側で採用を強化したりと流れていくエンジニアも増えてきていますが、それでもまだまだIT企業で働くエンジニアの方が多いです。

これにより、日本のITエンジニアの年収が下がっているのです。実際倍以上年収がある、米国のITエンジニアの人は、エンドユーザー企業へ勤めている割合の方が圧倒的に多い状況です。
では、なぜこのIT企業で働くと年収が下がるのでしょうか?それは、日本のIT業界の構造が影響しています。

IT業界の負_多重下請け構造

その構造とは、多重下請け構造です。これは、IT業界で働いている人の多くが、知っているIT業界の負や闇と言われる構造です。
では、その多重下請け構造とは何でしょうか?まず下の図をご覧ください。

1番上にある企業が、仕事やプロジェクトを抱えている企業です。
その企業にリソースが足りないので、図のようにどんどん下へ、対象プロジェクトの案件が流れていき実際に働くエンジニアの元へと降りてきます。
このように、リソースが足りないが故、プロジェクト案件を他社に展開してリソースを確保する。そしてそれをエンドユーザー企業だけでなく、元請け企業、2次請け企業、、、と繰り返され、1つのプロジェクト案件に何社も間に入っている構造を多重下請け構造と言います。
そして、この多重下請け構造により、間に入っている企業の数だけ、マージンが抜かれているのです。
なので、本来100万円で発注された案件であっても稼働者へは50万円以下しか支払われないケースはざらにあります。
日本のITエンジニアの年収が少ない大きな原因です。IT企業で働いていては、年収はなかなか増えません。
とはいえ、企業側もしっかり自社で採用しろよ!とは思いますね。正社員であれば、プロジェクトがダメだった時に、雇用を継続しなければならないリスクがありますが、フリーランスであればそのリスクは軽減できるはずです!
また正社員であってもその後に別の案を出せる環境であればリスクにはならないと思います。まあそのような人材が少ないのでしょう。
最近はエンドユーザー企業もフリーランスエンジニアと直接契約するケースも増えてきています。またフリーランスは、継続した雇用義務がないので、リスクヘッジにもなります。
なので、フリーランスITエンジニアの需要は今後伸びていくのではないかと思っています。
フリーランスエンジニアが正社員エンジニアに比べ年収が高いと言われているのは、この多重下請け構造の位置によるものです。
企業側のニーズや人材側の年収といった面をみてもフリーランスエンジニアは、最適な働き方だと思います。
またフリーランスは、どうしてもという企業もあるはずです。そのような企業はこの多重下請け構造ばかりに頼っていては、人材の獲得競争に負けてしまうので、自社で採用していく流れになるでしょう。
そうなると雇用のリスクが発生するので、エンジニアだけでなく、常に仕事がある状態にできるアイディアマン的なポジションが重要になってくると思います。
企業側、人材側ともに頭に入れておくべきだと思います。
少し話が脱線しましたが、なぜこの構造が生まれているのでしょうか?

多重下請け構造を生む原因

やはり、一つは前述で説明した、雇用のリスクだと思います。ただ今ではフリーランスという働き方も広まってきているので、フリーランスエンジニアを活用するという手段も出来つつあります。
エンドユーザー企業がフリーランスとの契約がダメでも、元請けが契約できれば、間に企業が1社しか入っていない状態で仕事を請けることができます。
十分多重下請け状態よりマシでしょう!
よりフリーランスという働き方の認知が広がり、国としても法整備をしてもらえれば、多重下請け構造を破壊するキッカケを作れるかもしれません。
ていうより、そんな法整備を整えて欲しいですね!

あともう一つ大きな理由があり、多重下請け構造を助長するかのようにSES企業が増えています。
もちろん優良なSES企業もあるのですが、中には闇のSES企業もあります。これらを淘汰する方針も国として検討して欲しいです!
この闇のSES企業について説明している記事もありますので、是非参考にして下さい。

年収以外に多重下請け構造が生む弊害

この多重下請け構造ですが、年収以外になにか弊害があるのでしょうか?
私はあると思っています。
エンドユーザー企業が自社で採用しない理由の一つにもなっていると思うのですが、エンドユーザー企業にノウハウが溜まりません。
つまりエンドユーザー企業は、エンジニアを採用してもそれを教育する環境がないとということです。
多重下請け構造が多重下請け構造をという、悪の循環に陥っています。とはいえ、エンドユーザー企業はどこかで方向転換しないとIT領域での国内競争に負けてしまいます。IT領域で劣ることは、近い将来その企業自体が業界内で劣るということになるでしょう。
そのためにも、デジタル改革を行って欲しいものです。それが、日本のIT業界全体でみても、良いことだと思います。

多重下請け構造をなくすために

日本のIT業界が発展するには、多重下請け構造が破壊させれることが望ましいです。また日本自体が発展するためには、IT業界が発展しなければなりません。
つまり多重下請け構造は、日本の発展にも影響していると言えるでしょう。
多重下請け構造をなくすきっかけを作れるのは、フリーランスエンジニアだと思います。
そんなフリーランスにとっての法整備を国は早く施工して欲しいと思います。
またSES企業の精査も重要だと思います。これも免許を作るなど、方法はあると思っているので、ぜひこれも国として考えて欲しいです。