【フリーランス直接契約】フリーランスエンジニアはエンドユーザー企業と直接契約できるのか?

フリーランス 契約

フリーランスエンジニアは、様々な方法で案件を獲得し、現場へ参画しています。
その中でも最も高収入を得やすいのは、エンドユーザー企業と直接契約して、現場に参画することです。
ただこれは、難易度が高く誰もが出来ることではなく、またマイナスとなる面もあります。
とはいえ、1番理想な契約であり、今後増えていって欲しいと考えています。
今回はこのフリーランスエンジニアとエンドユーザーの直接契約にフォーカスして解説していきます。

フリーランスエンジニアとエンドユーザー企業との直接契約の現状

多くのフリーランスエンジニアは、人脈や正社員時代のクライアントなどを通して仕事を得ていると思います。
これはエンドユーザー企業と直接契約しやすく良いことだと思います。そういう環境にあれば、フリーランスに入りやすいですし、安心感もあると思います。
フリーランスになっても仕事がなければ意味がないので、活用できる自身の人脈は活用しましょう!
ただこの場合、単価交渉がしづらいという点が挙げられます。また断りづらいが故、視野・幅が狭くなる可能性もあり、本当に高収入な案件にたどり着かなくなる可能性もあります。
正社員の時より収入が増えたから良いか。前のプロジェクトより単価上がったから良いか。となっている方もいるのではないでしょうか?
これが人脈など近い関係の人から仕事を得たときのデメリットです。
プロなのだから対価はしっかり貰わなければなりません。
とはいえ、仕事をもらえるし、他に頼むところないし、エージェントに頼んだらマージンが抜かれるし、、
そうなんです!
日本のフリーランス領域の場合、転職サイトのようにエンドユーザー企業を誰もが対等に比較できるサイトがないのです!
だから、幅は狭まるが人脈から得たり、マージンは取られるがエージェントにお願いしたりと、本当の高収入を得られない環境に妥協しています。
でも無いものは仕方がありません。
行動あるのみです!フリーランスなのだから、プロという立場で仕事を受けてその分しっかり単価を得ましょう。

エンドユーザー企業と直接契約するための現今できる手法

未開拓のエンドユーザー企業に営業をするのは、結構しんどいと思います。
メール?返信ないだろうなー、、電話?繋いでくれなさそう、、それとも飛び込み営業?勇気がいるな、、
中々厳しいですよね。
でもそのようなサイトが無いのだからしなくてはなりません。
今では、殆どの企業ホームページに採用フォームはありますし、中にはフリーランス向けに出している企業もあります。
単なる問い合わせフォームではなく、そこを通して連絡すれば、返信率は上がると思います。
また電話もどの担当者宛で、要件がしっかりしていれば、問題ないでしょう。このご時世どこもエンジニア不足なので、せっかくのチャンスを不意にする企業であれば、考え直した方が良いです。
飛び込み営業は、、まあ今はやめましょう。時間と労力がたくさんかかるだけで、リターン率は低いですしね。
まあメールと電話を使う。それくらいは誰でも想像はできますが、じゃあそれに至るまでの情報はどう収集していくのか?
もしかして、手当たり次第にやっていくのか?
ここは気になるポイントだと思います。

効率的にエンドユーザー企業と直接契約するための方法

私が押す方法は、転職サイトを活用する方法です。基本的には、正社員や契約社員向けに出しているのですが、企業の情報を一括で出すには持ってこいのサイトです。
まずは、自身の希望する職種で検索して良さそうな企業が有れば、ピックアップ。あとは、企業ホームページを見て、連絡してみるという感じですね。フリーランスも採用してます!的な事が書いてあれば理想ですが、まだまだ書いていない事が殆どなので、一旦連絡してみるのが良いでしょう。
人が足りていないのだから可能性はあります。
少し手間ですが、この方法が多くの企業情報を集められて良いです。

そして、転職サイトにはもう一つの使い方もあります。
先ほどのは雇用形態関係なく調べることを前提にしましたが、業務委託契約に絞って検索して応募・連絡することです。
この場合、数で比較すると少ないです。(特に大手の転職サイトの場合は)
ただ、最近勢いのある転職サイトであれば、思ったより出てきます。その中に自身の希望する業界があるかどうかは分かりませんが、希望の職種がヒットする確率は高いです。
それくらいの件数は出てきます。
この場合であれば、かなり効率的にフリーランスと契約してくれそうな企業を見つけ出せます。

今はこのように転職サイトを使う他ないでしょう。
少し手間ですがまずはやってみてください!

今後フリーランスエンジニアとエンドユーザー企業が直接契約しやすい環境を整えているために

では、フリーランスエンジニアとエンドユーザー企業が直接契約を活性化しより環境を整えるためにはどうしていくのが良いのでしょうか?

 

既存転職サイトの進化

一つは、既存の転職サイトに業務委託でも可能ですよ。というのを増やしていくのが手取り早い気はします。
そうなれば、転職サイトへ登録して簡単に探せます。運営企業側も登録者数が増えるかもしれないですし、フリーランスエンジニアも探しやすいです。
ただ、そうなるとフリーランスを募集しているエージェント企業の開催も増える可能性があり、結局はエンドユーザー企業と直接契約契約には至らないというパターンも発生してくるでしょう。

なので単純に「業務委託可能」という項目を増やすだけでなく、自社サービスを運営している企業で検索を絞れたりと工夫は必要です。
また運営企業側での起業精査は必須でしょう。

このように既存の転職サイトを変えていく方法があります。

もしくは、フリーランス専用のエンドユーザー企業との直接マッチングモデルのサイトができることが望ましいです。

ただこれも転職層に比べ、まだまだフリーランスエンジニア人口は少ないので、サイトがあったとしてもエンドユーザー企業側が利用するかどうかでいうと難しいのかなと思います。

見た目だけでいえば、非常に良いモデルですが、
実際に運営していくためには、施策を練りこまなければならないものだと思います。

フリーランスの売り切りモデル

正社員の転職では、人材紹介というのがあります。
これまでフリーランスの場合、エージェントが入るとSESモデルが主流でしたが、フリーランスでもそういうのは出来るのではないかと思っております。
人材紹介は、採用時に一括で金額を払うのでリスクはあるかもしれませんが、長期で稼働してもらうことを想定すると安く済みます。
また、フリーランスエンジニアとエンドユーザー企業の直接契約なので、単価アップにも繋がると思います。
私は、この施策が1番現実的ですぐ出来る環境にある企業も多いと思うので、推しています。(どこに?という感じですが)
後述詳しく解説します。
コミュニティサイト

コミュニティサイトも結構良いのかなと思います。
フリーランスエンジニア向けにあるコミュニティサイトは、正直これというのは無いのかなと思ってます。
どちらかというとQAサイトの方が人が集まっているイメージにあります。

もちろんQAサイトも必要ですが、もっとコミュニティサイトが発展しても良いなと思っています。
今では無数にエンジニア向け案件があるので、フリーランスエンジニアがフリーランスエンジニアに案件を紹介するプラットフォームみたいなのがあっても良いと思います。
あくまでコミュニティサイトで留めるのであれば、仕事紹介メインのコミュニティサイトも良いのかなと思います。
近い人脈であれば、断りづらいとか交渉しづらいとかありますが、ネット上からの紹介であれば、まだいけると思いますwまた紹介する側もフリーランスいけるらしいよぐらいに留めておけば、最悪トラブっても直接紹介したわけでは無いので安心です。
このようにエンドユーザー企業と直接契約できる環境をコミュニティやプラットフォームとして提供するのはありだと思っています。
こういうサイトであれば、個人でもいけそうなので、出てこないのかなーと思ってます。

推進するべきは売り切りモデル

私が推すのは、この売り切りモデルです。
なぜかと言いますと、今ではたくさんのSES企業がいます。SESは悪だと言われることも多いですし、私自身全てでは無いですが、一部悪だと思うこともあります。
ただ需要があるから存在しているのも事実です。これを活用するしかないと思っています。
これらの企業がSESに加え売り切りモデルも導入した場合、かなりの変革が起きると思います。
それは、売り切りモデルの場合、エンドユーザー企業に限った場合になると思います。(エンドユーザー企業以外であれば、紹介される側の企業のメリットがないため。)
都内だけで何百社もあるSES企業。1社あたり5人の営業がいれば、数千人もの営業力になります。
その人たちが案件を獲得して、売り切りモデルを推した場合、どれだけの案件が集まり、マッチングが行われ、エンジニアに還元されるでしょうか。
どんだけ少なく見積もっても1人あたり1万円は単価が上がると思います。(あとで、SES契約との金額比較をします。)
年間12万円です。バカに出来る金額ではないですね。
これが仮に1000人決まった場合、年間1億円以上がフリーランスエンジニアへ還元される計算になります。
もちろん全企業が行うとは限りませんが、フリーランスエンジニアがそっちの方が良いと思えば、そっちに流れていくので、必然的にせざるを得ない環境になるでしょう。
SES契約との金額を比較すれば、多くのフリーランスエンジニアは売り切りモデルを選択すると思います。

SES契約との金額の比較

エンドユーザー企業が月間で発注できる金額を100万円とします。

もしSES契約で1社しか間に入っていない場合、マージンは15〜20%が平均なので、15〜20万円が抜かれています。
そうなるとエンジニアの月収は、80〜85万円で、年収960〜1020万円となります。
これが売り切りモデルの場合、売り切り単価のフィーを一括100万円に設定した場合、エンドユーザー企業が年間で発注できる金額は、1100万円になります。
SES契約とくらべ、年間80万円も高くなります。
正直フリーランスの場合、正社員ではないのでフィーが100万円は高いかなと思いましたが、仮に100万円でも売り切りモデルの方が年収が高くなります。
契約の仕方でこれだけの差があります。そうなればほとんどの人が売り切るモデルを好むのではないかと思います。
一刻も早くフリーランスエンジニアのためにこのモデルをするエージェント企業が出てきて欲しいです。

エージェント企業は事業モデルの変革が必要

今ある日本のIT業界の問題を考えると、ITエンジニアやフリーランスエンジニアの所得向上は、必須で対策すべき事だと思いますし、そうなると思います。
その時には、単純に企業の発注単価を上げるのではなく、IT業界の構造を見直すことにつながるでしょう。
そうなった時、エージェント企業はIT業界で存続できるのか?という問題が発生すると思います。もちろん全てのエージェント企業がなくなるとは思っていません。それでも少なからず自社の社員を抱えていない小さなエージェント企業は、存続が危ぶまれるでしょう。
そうならないために事業モデルの変革が必要だと思います。ITエンジニアだけでなくIT業界、そして国に対してニーズの合うモデル、つまりITエンジニアの年収・所得が向上するモデルへと変えていかなければなりせん。
先に述べた売り切りモデルもその一つですし、もしかすると他にもあるかもしれません。
マージンは、ビジネス上発生して当然だとは思いますが、悪だとか言われているのも事実です。
このマイナスイメージをどう変えていくのか?そんなIT業界の問題を変えるためのモデルチェンジが必要になってくるでしょう。

まとめ

フリーランスエンジニアがエンドユーザー企業と直接契約するためにという題材で進めて参りましたが、少々脱線してしまいました、、
申し訳ございません。
やはりフリーランスエンジニアは、エンドユーザー企業と直接契約して欲しいですし、その為の環境が作られなければならないと思っています。
ただこれには、まだまだ時間がかかるので、今できる方法で直接契約を目指して欲しいです。
もっと見てくれる人が増えれば、このサイトでエンドユーザー企業とフリーランスエンジニアをマッチングできたら良いなとも思いますね。
業務委託の紹介とかに免許がいるようになったらダメですが、、