ネットワークエンジニアの案件単価相場と将来性_フリーランスエンジニア向け

案件単価相場

Webサービスやシステムのインフラであるネットワークの設計や構築・運用を担当するネットワークエンジニアの案件単価相場と将来性を見てみましょう!

クラウドの普及で将来性が危ぶいまれていますが、
意外と需要が高まっており稼げる職種です。

案件単価相場と平均単価、案件単価の年推移をもとにネットワークエンジニアがどういうものか紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください!

ネットワークエンジニアの案件単価相場

まずネットワークエンジニアの案件単価相場はこちらです。

※2013年から2019年までの情報をもとに出しています。
50万円台が案件単価の相場になっています。
次いで60万円台が多くなっています。

50万円台とその前後の案件数が圧倒的に多くなっています。

このグラフで見れば思ったより稼げそうな職種ではなさそうに感じますね。

ネットワークエンジニアの平均単価と中央値

2019年のネットワークエンジニア案件の「平均単価」「平均Min単価」「平均Max単価」「中央値」はこのようになっています。

平均単価は74万円中央値は70万円となっています。

案件単価の相場で見ると70万円はあまり多くはなかったので少し意外な結果になっています。
つまり2019年需要が伸びていることが分かります。

クラウドが普及しネットワークエンジニアの需要が危ぶまれてはいますが実際はそうではなさそうです。

データで見るネットワークエンジニアの将来性

それではネットワークエンジニアの年ごとの案件単価の推移を見てみましょう。

どの年代も60万円台が高いことに変わりはありません。
ただ2019年は60万円台から80万円台の差は少なく2018年より80万円台の案件の割合が増加傾向にあります。

このグラフからも需要が高まっている傾向にあることが分かります。

クラウドの普及によるネットワークエンジニアの将来性への影響

これらの結果よりクラウドの普及がネットワークエンジニアの将来性に対しマイナスの影響を与えている可能性は低いと想像できます。

むしろ金額面ではプラスに働いているのではないでしょうか。

もちろんこれまで通りのネットワークエンジニアとしての役割だけを遂行する場合であれば、クラウドに置き換わっている部分もあるので単価が上がることはないでしょう。

しかしクラウドの普及に伴いクラウド領域の知見も合わせ持つネットワークエンジニアであれば高単価を目指せます!

今このように高単価のネットワークエンジニアの案件が増えている背景には、まだまだクラウドを理解したネットワークエンジニアが少ないという点もあり獲得競争が存在していることも影響していると思います。

今のうちにクラウドに精通しておくことで今後もネットワークエンジニアとしての需要が高まることでしょう!
むしろ< span style=”background-color: rgb(255, 255, 0);”>そうしないと生きのことって行けない状況でもあります。

ネットワークエンジニアの資格

ネットワークエンジニアになるには資格はもちろん必要ではありません

また現在の市場を考えると資格を取ることを優先するよりは、クラウドの知識を取ることの方が良いでしょう。

しかし資格を持っておいて損をするわけではありません
今後ネットワークエンジニアのスペシャリストになるのであればなおさらです。

ではネットワークエンジニアのおすすめの資格を紹介していきます。

ネットワークエンジニアの国家資格

やはりネットワークエンジニアにとって一番メリットのある国家資格は、
ネットワークスペシャリスト試験でしょう。

ネットワークエンジニア業界では最も評価される資格と言われています。
合格率は低く簡単に取れる資格ではないですが、大きなアピールポイントになることは間違いないでしょう。

次いで評価の高いネットワークエンジニアの国家資格は、
情報処理安全確保支援士試験です。

ネットワークスペシャリストに比べると難易度は優しいですが、それでも合格率は低いです。
セキュリティはどの企業においても重要なので、持っておいて良い資格と言えるでしょう。

詳細な資格情報や申し込みに関してはこちらを参考にしてください
IPA情報処理推進機構

ネットワークエンジニアの民間資格

ネットワークエンジニアの民間資格(ベンダー資格)として人気の高いのは、
Cisco Systems社の認定資格である「CCNA」「CCNP」「CCIE」でしょう。

ランク的には「CCIE」>「CCNP」>「CCNA」となっており、CCIEを持っておけばかなりのアピールポイントになります。

国際的に評価される資格ですので持っておけば世界でも一流のネットワークエンジニアとして見られます!

次いで人気なのが「LPIC」と呼ばれるLinux技術者認定試験です。

LinuxをOSとしているサーバーやIT機器は多くあるので、この資格も非常に需要の高いものとなっています。

ネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計から構築・運用と企業やWebサービス、システムのインフラ部分をすべて対応しなければなりません。

さらに細かく見ると
初期設定や提案、開発、保守・監視など仕事内容は幅広くあります。

クラウドの普及によりネットワークエンジニアの開発案件は減るかもしれませんが、それでも需要はあり今後はクラウドの知見が必要となってくるでしょう。

また最近ではサイバー攻撃などがあるように企業のセキュリティはより重要視されています。
そんな環境でネットワークエンジニアの力が発揮されます。

今後ネットワークエンジニアを目指す方は、クラウドという知見はもちろん資格も参考にし稼げるネットワークエンジニアを目指していきましょう!