クライアントOS比較_案件単価相場と将来性を紹介

案件単価相場 比較

今回はクライアントOSの紹介します!
その中でもPC系のクライアントOSである「WindowsOS」と「MacOS」、スマートフォン系のクライアントOSである「Android」と「MacOS」の案件単価相場と将来性を紹介します。

これらはクライアントOSでありスキルに該当するものではなく、特に案件単価へ直接的に大きな影響を与えるものではないです。
しかしWebサービスやシステムの開発ではプロジェクト毎にそれぞれの開発環境というものがありどの環境で開発しているのか経験があるのかというのは重要な情報です。

そこでどのクライアントOSの環境下での開発の需要が高いのか案件単価相場と案件単価の年推移をもとに紹介していきます!

WindowsOSの案件単価相場

WindowsOS環境下での案件単価相場はこちらです。

50万円台が案件単価の相場になっており、他金額より圧倒的に多くなっています。
次いで60万円台と70万円台が多くなっています。

PC系クライアントOSの中でもWindowsOSは圧倒的なシェアを誇りますが、WindowsOS環境では高額な案件はあまり多い印象ではありません

もちろんWindowsOS環境下での開発案件は多種にわたってありますので、中には高単価の案件もあります

WindowsOSの平均単価

2019年のWindowsOS環境下での案件の「平均単価」「平均Min単価」「平均Max単価」「中央値」はこのようになっています。

平均単価が52万円で、中央値が49万円となっています。

やはりあまり高単価の案件は期待できないでしょう。

WindowsOSの将来性

WindowsOS環境下での案件単価の年推移はこちらです。

2015年は70万円台の割合が高く、比較的高単価の傾向にありました。
しかしそれから減少傾向にあり、2019年では50万円台となっています。

WindowsOSはシェア率で言うと圧倒的に高いです。
しかしMicrosofOfficeのライセンスは意外と高額で、MacOSに比べると運用面で見劣りしてしまいます。

そういった背景もあるのかスタートアップ企業やベンチャー企業はMacOSの利用が比較的多いように思えます。

今後のMacOSとの競争は気になるところではありますが、
現時点で圧倒的な差があり、今後もそう簡単には覆らないでしょう。

単価は高くないもののWindowsOS環境下での開発は一定の需要はあり安泰と言っても良いと思います。

MacOSの案件単価相場

MacOS環境下での案件単価相場はこちらです。

WindowsOS環境下での単価相場に比べ高く、70万円台が案件単価の相場になっています。
割合的にも80万円台以上の案件は多いように思えます。

WindowsOSに比べシェアではかなり負けている状況ですが、案件単価では勝っている状況です。

しかしWindowsOSに比べまだまだ案件数は少ない状況です。

MacOSの平均単価

2019年のMacOS環境下での案件の「平均単価」「平均Min単価」「平均Max単価」「中央値」はこのようになっています。

平均単価は82万円で中央値は90万円となっています。
MacOS環境下での開発は非常に高単価であることが分かります。

MacOSの開発環境での開発を経験することは非常にメリットがあるでしょう。

MacOSの将来性

MacOS環境下での案件単価の年推移はこちらです。

2015年は70万円台の割合が高い傾向にあり、一時期60万円台へと下がっています。
しかし2019年には伸びており80万円台の割合が高くなっています。

WindowsOSに比べると案件数が少ないのでグラフに大きなバラつきがありますが、
それでも需要の拡大があるということが分かります。

まだまだWindowsOSにはシェア率で圧倒的に劣りますが、将来性は非常に高いように思えます。

今後の開発をMacOSでの環境で経験することは高単価を目指す上で良いかもしれません。

Androidの案件単価相場

次にスマートフォン系のOSであるAndroid環境下での案件単価相場を紹介します。

70万円台が案件単価の相場となっており、次いで60万円台が多い状況です。

やはりスマートフォンアプリの需要は高いため、PC系のOSと比べると案件数も多く単価も比較的高い印象にあります。

Androidの平均単価

2019年のAndroid環境下での案件の「平均単価」「平均Min単価」「平均Max単価」「中央値」はこのようになっています。

平均単価は72万円で、中央値は70万円となっています。

やはりAndroid環境でのアプリ開発は高単価と言えるでしょう。

Androidの将来性

Android環境下での案件単価の年推移はこちらです。

2017年は60万円台が高い状況ですが、それ以外は70万円台の割合が高くなっています。

あた2018年頃から80万円台以上の案件が増加傾向にあり、需要が伸びていることが分かります。

これはAndroidかiOSかという問題ではなく、スマホアプリ自体の需要が伸びているのでそれが影響しているように思えます。

日本のスマートフォン系OSのシェアはiOSとAndroidで半々といった印象です。
しかし世界的に見るとAndroidのシェア率は圧倒的に高いです。

ですので世界で戦えるアプリを開発するのであればAndroidは必須と言えます。
Android環境での開発経験は重要でしょう。

iOSの案件単価相場

続いてiOS環境下での案件単価相場を紹介します。

こちらもAndroid環境下と同様で70万円台が案件単価の相場になっており、次いで60万円が高くなっています。

案件数もAndroidに比べると少し減りますが、多い状況ではあります。

日本でのiOSのシェアは高いため需要は高いのだと思います。

iOSの平均単価

2019年のiOS環境下での案件の「平均単価」「平均Min単価」「平均Max単価」「中央値」はこのようになっています。

平均単価は71万円で、中央値は70万円となっています。

これもAndroidとほとんど差はありません。

Android同様にiOS環境下でのアプリ開発の需要は高いのでしょう。

iOSの将来性

iOS環境下での案件単価の年推移はこちらです。

こちらも2017年に60万円台と下がっていますが、それ以外は70万円台の割合が高くなっています。

また2018年より80万円台以上の割合が増加傾向にあり、こちらもスマホアプリ開発の需要の高まりが影響しているように思えます。

しかしAndroidと比較するとiOSの2019年は70万円台と80万円台の差が少ないです。
iOSの方が需要の伸びとしては高いのかもしれません。

日本ではAndroidとiOSのシェアはほぼ同率ですが、私の印象では少しiOSの方が高い印象ではあります。
iOSのシェア率を世界と比べると日本は圧倒的に多い状況です。

日本でアプリを開発するのであればiOSは必須と言えるでしょう。

クライアントOSとは

クライアントOSは、利用者がPCやスマホを快適に動かすためのソフトフェアです。
普段は意識はしないですが、文字入力やマウス・タッチパッドの操作はOSがあるからこそ動作します。

クライアントOSを開発している企業はかなりの大手企業ばかりで、
本記事で紹介したWindowsOSはマイクロソフト社でMacOSとiOSはApple社、AndroidはGoogle社となっています。

そのためここから新たに別のクライアントOSが台頭してくる可能性は極めて低いでしょう。

エンジニアがWebサービスやスマホアプリを開発する上で、クライアントOSの理解は重要です。

それはプログラミングをする上でOSが提供する機能を利用しているからです。
OSの知識がなければ、実装方法が分からなかったりバグの原因になったりと思うように開発が進まないこともあります。

そのためどのクライアントOS環境下で開発した経験があるのかというのが意外と重要なのです。

これまで紹介したクライアントOSはどれも超主要なOSで正直比較は難しいでしょう。
特にスマートフォン系OSのAndroidとiOSに関しては単価の差も少なく需要はどちらも高いです。

PC系OSのWindowsOSとMacOSであれば、MacOSの方が高単価の傾向にあるので稼ぐという意味では良いかもしれません。
ただWindowsOSの方が圧倒的なシェアを誇るので、一概にMacOSが良いとは言えないでしょう。

結論、おすすめというクライアントOSはなくできればどの環境でも開発経験があるのがベストな気がします。
OSの知識は重要ですので、今関係ないOSでも積極的に学ぶようにしましょう!