Androidアプリ開発エンジニアの単価相場と将来性

将来 案件単価相場

Androidアプリ開発に使用される言語と言えば、JavaとKotlinです。

以前JavaでのAndroidアプリ開発の案件の単価相場や将来性、KotlinでのAndroidアプリ開発案件の単価相場や将来性を紹介してきましたが、今回はそれらを含めたAndroidアプリ開発エンジニアとしての単価相場と将来性を紹介していきます。

JavaとKotlinのデータも合わせて見ていくことで、日本でのAndroidアプリ開発の主流言語がどちらなのかも見えてきますので、事前に下記も参考にしてみて下さい。

AndroidアプリのJava開発案件の単価相場
https://freelance-attack.work/column/java-android-marketprice/

Kotlin案件の単価相場と平均単価
https://freelance-attack.work/column/kotlin-marketprice/

それでは早速紹介していきます。

Androidエンジニアの単価相場

Androidアプリ開発エンジニアとして単価相場を見ると70万円台となっており、次いで60万円台となています。

JavaでのAndroidアプリ開発の単価相場は70万円台であり、KotlinでのAndroidアプリ開発の単価相場は80万円台です。それら2つと見比べた時、このグラフはJavaの単価相場に近いことが分かります。

つまり、まだまだ日本ではJavaでのAndroidアプリ開発の方が主流であることがこのグラフから分かります。

実際人口で見てもKotlinエンジニアよりJavaエンジニアの方が多いです。またKotlin自体もAndroidアプリ開発の推奨言語と発表されたのは、2019年です。
そのためJavaが主流であることは仕方がないことなのかもしれません。

ただ今後はKotlinが主流になってくることは、間違いないでしょうし、そうなれば単価相場の変動もあり得るでしょう。

データで見るAndroidエンジニアの将来性

Androidアプリ開発エンジニアの単価相場で見ると、基本的にはどの年代も60~70万円台が高い状況です。

こちらも単価相場のグラフ同様、JavaでのAndroidアプリ開発の単価推移グラフに近いです。

2015年16年と70万円台が最も高い割合であったが、2017年に相場が下がり60万円台となり、2018年から19年にかけて再び70万円台へとなっています。

さらに2018年19年と80万円台以降の割合が増えてきており、高単価な案件の割合が増加傾向にあります。特に2019年に関しては60万円台より80万円台の方が若干ではありますが、割合が高くなっているためKotlinの単価相場の影響があるように見えます。

これまで年ごとに比較的動きがある様でしたが、今後はKotlinの案件が増加する傾向であるため2019年に近いグラフで落ち着いてくるのではないかと思います。

ただ現状Kotlinエンジニアは少なく、どちらかというと企業側の獲得競争が起きている状況です。今後Kotlinエンジニアが増えてきたときには、再び変動はあるかもしれません。

もちろんKotlinの案件自体も増加傾向にあるため当面は、案件過多な状態で見て良いでしょう。

最後に

現状、Androidアプリ開発エンジニアの単価相場のグラフや推移のグラフには、JavaでのAndroidアプリ開発の案件の単価相場の数字が色濃く出ている状況です。

その為より正確に見ていくのであれば、JavaでのAndroidアプリ開発の案件の単価相場とKotlinでのAndroidアプリ開発の案件の単価相場と分けてみる必要があるかもしれません。

そしてこの両者では、単価相場に大きく差がある状況です。

詳しくはこちらも参考にしてください。

【Androidエンジニア必見】KotlinとJavaのスマホアプリ開発案件の単価相場を徹底比較!
https://freelance-attack.work/column/kotlin-java-comparison/

Androidアプリ開発エンジニアを目指すにしてもJavaなのかKotlinなのかで単価や将来性が変わってきますので、どちらを勉強するべきなのかはしっかりと吟味していくのが良いでしょう。

ただAndroidアプリ開発エンジニアを目指すのであればKotlinがおすすめです。