C言語案件の単価相場とこれまでの単価の動向

SKILL プログラミング言語

プログラミング言語の中でも歴史のある言語で、大学の授業などでも度々使用されるC言語。

今回は、そんなC言語を習得すればどれくらい稼げるのか?C言語のお金に関わるところを中心に解説していきます。

  • C言語エンジニアとしてどれくらいの単価を目指せるのか?
  • C言語の平均単価や中央値は?
  • C言語の単価の動向は?
  • C言語とは?
  • C言語でできることは?
  • C言語のメリットやデメリットは?
  • C言語エンジニアにおすすめの資格は?

こういった疑問に応えられるようデータを交えて初心者向けに解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

C言語案件の単価相場

それではC言語を習得し、現場で活躍できればどれくらいが稼げるのか?まずはC言語案件の単価相場を見てみましょう。

C言語案件の単価は、50~60万円台がボリュームゾーンになっていますので、単価相場としては50~60万円台と見て良いでしょう。

相場より上の70万円台以上を見ると、70万円台は比較的案件数としてはありますが、それ以上となるとかなり減ってきています。

C言語全体でみると、高単価を目指すのは簡単ではないかもしれません。

ただ、C言語は汎用性が高く様々な分野で使用されます。特にIT技術のトレンドであるIoTでも使用されるケースがありますので、そういった分野であればもう少し相場より高い単価を目指せるのかもしれません。

また、C言語は業務用システムの開発として、金融機関や官公庁の現場でも使用されますが、そういう場合は、実際の現場に入るまでに複数商流が入るケースがありますので、より少ない商流で参画することを目指せば、もう少し高い単価を目指せるかもしれません。

案件の選び方によっては、単価の上下はあるでしょう。

C言語の平均単価と中央値

2019年のC言語案件の『平均単価』『平均Min単価』『平均Max単価』『中央値』を紹介します。

C言語案件の平均単価は58万円、中央値は55万円となっています。

またC言語案件のミニマムの平均単価は54万円、マックスの平均単価は60万円となっています。

どの数字を見ても大きな差はなく、先ほど紹介した50~60万円台というC言語の単価相場の数字に当てはまります。

先ほどのC言語の単価相場やこの平均単価を見る限りでは、他プログラミング言語と比べ学習コストが高い割には高単価を目指すには難しいように感じます。

もし、エンジニアになって高い給与を貰いたいんだということを第一に考えている人には、おすすめでは無いかもしれません。

C言語案件の単価相場の推移

続いてC言語案件の単価相場の年ごとの推移を紹介します。

C言語案件の単価相場を2015年から2019年で分けてグラフで並べてみましたが、大きく変動はありません。

ボリュームゾーンが50万円台か60万円台かの差はあるものの、どの年代も50~60万円台がC言語案件の単価相場になっており、同じようなグラフとなっています。

他プログラミング言語に比べ、学習コストが高いものの思ったよりも高単価を目指しにくいC言語ですが、その分非常に安定している言語であることがこのグラフより分かります。

50年近く活躍している言語ということもありますので、今後も需要・単価共に安定した推移をしていくのではないでしょうか?

そういった意味では、C言語は学んでおくメリットの大きいプログラミング言語なのかもしれません。

C言語とは

まずそもそもC言語とは何かと言うと、B言語という1969年頃に登場したプログラミング言語の改良版として1972年に開発された汎用プログラミング言語で、今使用されているプログラミング言語の中でも歴史のある言語です。

また、今では後にC系と呼ばれる『C#』や『C++』、『Java』などの派生元はC言語です。

最近では様々なプログラミング言語が登場し、しのぎを削っており、さらにC言語自体登場から50年近く経ってはいますが、今でも非常に高い人気があり、多くの現場で活躍しています。

特にC言語が活躍している分野は、組み込み系のソフトウェアの開発で、その中でも『IoT』や『ロボット』などIT業界のトレンドとなる分野でも広く使用されています。

C言語でできること・向いていること

C言語の特徴として、汎用性の高さが挙げられます。

その特徴を活かし、C言語は様々な分野や場所で活躍することが出来ます。

それでは実際にC言語を使用して何ができるのかを紹介していきます。

  • ロボット
  • IoT
  • OS
  • 業務用システム
  • ゲーム

ロボット

先ほど言ったように、C言語はロボット開発によく使用されるプログラミング言語です。

ロボット開発のどういったところで使用されているかと言うと、ロボットに必要な動作の制御に関わるソフトウェアのプログラミング開発に使用されています。

要は組み込み系のソフトウェアの開発です。ロボット以外にも家電製品などの電子製品は、C言語によりプログラムされています。

IoT

IoTの組み込み系ソフトウェアの開発でもC言語は使用されることがあります。

ただ、複雑な制御が必要となるIoTの場合は、C言語の派生である『C++』の方が向いてはいますので、C言語が使用されるのは比較的簡易なものにはなります。

とはいえ、C言語とC++は、高い互換性が保たれるよう設計されておりますので、C言語を習得しておくことはIoT領域で活躍するためには良いでしょう。

OS

C言語は、ハードウェアの制御に優れているプログラミング言語ですので、OSなどのシステムの根幹部分の開発にも向いています。

実際に、『MacOS X』や『Linuxカーネル』といったOSは、C言語によって作られています。

業務用システム

C言語は、比較的処理速度が速いという特徴もあり、人事関連や経理関連など企業のバックオフィス側で使用するような業務システムの開発にもよく使用されています。

大企業や金融機関、官公庁など大規模なシステムにもC言語が使用されているケースも多数あり、都度改良されながら今でも活躍しているものもあります。

ゲーム

ゲームの開発でもC言語が使用されるケースはあります。

ただ最近では、『C#』や『C++』、『Java』が使用され、C言語は一部のみ使用するというような使われ方をしていますので、ゲームプログラマーを目指す人は、その他の言語も合わせて習得するのが良いでしょう。

ただC系の言語ですので、C言語の知識を活かせますし、今でもC言語を使ってゲーム開発をしているところもありますので、C言語の習得をしておいても損はありません。

C言語のメリット

それでは、C言語の特徴としてまずは、メリットを紹介していきます。

  • 汎用性が高い
  • 処理速度が速い
  • 需要が高い
  • プログラミングやコンピュータの基礎力がつく

汎用性が高い

C言語は、非常に汎用性に優れたプログラミング言語です。

先ほど『C言語でできること・向いていること』で紹介したように、ロボットや家電などハードウェア製品の動作制御となる組み込み系ソフトウェアの開発や業務系のシステム開発、ゲームの開発と多くの分野で活躍が出来ます。

さらには、頻繁にC言語が使用されているわけではないですが、Webアプリやスマホアプリの開発もC言語は出来ます。

このように何にでも対応できる汎用性があります。

処理速度が速い

C言語は、コンパイラ型の言語ですので、処理速度が高速といったメリットがあります。

多くのプログラミング言語がありますが、その中でもC言語の処理速度は上位に位置しています。

需要が高い

C言語は人気の言語で、様々な場面で活躍できますので、非常に需要が高い言語です。

また歴史がある言語ということもあり、古くから使われているシステムでC言語が使用されているケースもあり、そういった場面での需要もあります。

登場して50年近く経った今でも、人気のプログラミング言語の上位に位置し、最前線で活躍している実績がありますので、今後も一定数の需要はあり続けるのではないでしょうか。

プログラミングやコンピュータの基礎力がつく

C言語は、先ほど初回したJavaやC++、C#などだけではなく、PHPやPython、Objective-Cなどの言語の派生元・モデルにもなっています。

このように様々なプログラミング言語に影響を与えていますので、C言語を習得することでプログラミングの基礎力が身に着けられます。

またC言語は、OSのもとにもなっていますので、C言語を学ぶことでコンピュータの基礎的な知識も身に着けることが出来ます。

C言語のデメリット

次にC言語の特徴として、デメリットを挙げていきます。

  • 学習コストが高い

学習コストが高い

C言語は、学習コストが非常に高いです。要は、長い学習時間が必要となり、さらに学習難易度が高いということです。

その為、プログラミング初心者にはおすすめできる言語とは言えません。

ちなみに学習コストが高い理由は、C言語を習得するためには、メモリやCPUなどのハードウェアの制御系知識が必要になりますし、その他、ポインタやメモリ管理の概念の理解、さらにはネットワークやOSなどの知識も必要になりますので、多くの知識を学ばなければなりません。

またC言語は機械の言語に近いので、他プログラミング言語よりもコードが読みにくいです。

このように豊富な知識が必要で、さらに簡単に理解できる言語ではないので、学習コストが高い言語と言われています。

ただ、初っ端からC言語を学ぶことをおすすめするわけではないですが、昔からある言語ですので情報量は多いですし、C言語を習得した後のメリットは非常に大きいので、学んでおくべき言語の一つと言えるでしょう。

C言語エンジニアにおすすめの資格

C言語を扱うエンジニアが、自身の技術を証明するためにおすすめの資格を紹介します。

  • C言語プログラミング能力認定試験

C言語プログラミング能力認定試験

C言語プログラミング能力認定試験は、サーティファイ情報処理能力認定委員会が主催する、C言語を使い応用プログラムを作成する能力を認定するための資格試験です。

これまでの累計受験者数は、178,789名(2020年3月31日)で、合格率は73.0%(2019年度平均合格率)となっており、多くのプログラマー・エンジニアが受験している資格試験です。

C言語の能力を証明するためにはおすすめです。

C言語プログラミング能力認定試験は、3つの階級があります。

  • 3級
  • 2級
  • 1級

3級の認定基準は、C言語の概念を理解し、簡単なプログラムが書けることとなっています。

試験概要はこのようになっています。

試験時間150分
合格基準得点率60%以上
出題形式筆記試験・多岐選択回答形式・マークシート形式
問題数テーマ別大問6問
受験料5,200円(税込)
受験資格特になし
C言語プログラミング能力認定試験3級の試験概要

2級の認定基準は、500行程度の小規模のプラグラムが、適切に書けること、各種基本アルゴリズムを理解していることとなっています。

試験概要はこのようになっています。

試験時間90分
合格基準得点率60%以上
出題形式筆記試験・多岐選択回答形式・マークシート形式
問題数テーマ別大問8問
受験料6,400円(税込)
受験資格特になし
C言語プログラミング能力認定試験2級の試験概要

1級の認定基準は、応用プログラムが作成できる能力があること、使用しているOSについて理解していることとなっています。

試験概要はこのようになっています。

試験時間60分
合格基準得点率60%以上
出題形式実技試験(パソコン使用)
問題数2問
受験料7,800円(税込)
使用環境■コンパイラ
Borland C++ Compiler 5.5
JIS X 3010-1993に対応
■エディタ
TeraPadまたはメモ帳文字コード:SHIFT-JIS
改行コード:CR+LF
受験資格特になし
C言語プログラミング能力認定試験1級の試験概要

3級は、基礎的なものになりますので、C言語の能力をある程度、証明するためには2級以上は取得するべきでしょう。どの階級でも受験資格はありませんので、最初から2級や1級を受験することも可能です。

C言語プログラミング能力認定試験を目指す方は、しっかりと準備をし資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

最後に

C言語について様々な角度から紹介をしてきました。

登場から50年近く経っている今もなお活躍している言語で、人気や需要ともに非常に高いものがあります。

単価という点で見れば、高いと感じるものではないかもしれませんが、これまでの実績や本記事で紹介したC言語案件の単価相場の年推移を見ると安定性は高く、将来的に長く活躍できる言語であるように思えます。

学習コストが高くプログラミング初心者には、入るのが難しい言語かもしれませんが、知識や活躍できる幅、安定性と得られるものも多くありますので、気になる方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ぜひ参考にしてください。