【エンド直】フリーランスエンジニアがエンドユーザー企業と直接契約をするためには?

BUSINESS フリーランス

フリーランスエンジニアは、様々な方法で案件や仕事を獲得し現場へ参画していますが、その中で最も高収入を目指しやすいのはエンドユーザー企業と直接契約をして現場に参画することです。

ただエンドユーザー企業と直接契約をする事は、そう簡単なことではなく誰もが出来ることではありません。

とはいえ、フリーランスエンジニアの収入の向上に大きく貢献する1番理想な契約のあり方ではありますので、今後増えていって欲しい契約です。

それでは今回、フリーランスエンジニアとエンドユーザーの直接契約について、現状や直接契約をするための方法を解説していきます。

フリーランスエンジニアがエンドユーザー企業と直接契約をするために最適な手法とは?

フリーランスエンジニアは案件や仕事を獲得する時は、人脈の活用や自身で営業し獲得、またエージェント企業に紹介を依頼するというこの3つが一般的です。

ではこの中でどの方法がエンドユーザー企業と直接契約するのに最適なのかを紹介します。

それは、人脈の活用です。

エンドユーザー企業と直接契約するには人脈を活用するのが良い理由

ではなぜ人脈を活用することがエンドユーザー企業と直接契約するために良い手法なのかと言いますと、非常に効率的だからです。

まず、エージェント企業に依頼する場合、案件や仕事を探すところから契約回りのところまで全て任せることは出来ますが、そもそもエンドユーザー企業と直接契約することは出来ません。

また、自身で営業する場合は企業探しから始まり、フリーランスを募集しているのか?希望するポジションを募集しているのか?経歴書を送り面接をし契約回りなどをしっかりと全て自分でやらなければなりません。その為、時間と手間が掛かります。

その点、人脈の活用をし案件を獲得する場合、経歴書の送付や面接、契約回りは自身でする必要はあるもののそこに至るまでに掛かる時間や手間は発生しません。

さらに、紹介ということもあり比較的合格率も高くなる傾向にあります。

このように、案件や仕事を探すところから現場に参画するまで非常に効率的に進められるのが人脈経由での案件・仕事獲得なのです。

そして、人脈から紹介される場合は間に商流を挟むことはありませんので、高収入を目指しやすくなります

もちろん人脈から紹介されるすべての案件や仕事がエンドユーザー企業のものとは限りませんが、間に商流を挟むことなく効率的に進められますので、フリーランスエンジニアがエンドユーザー企業と直接契約をするために人脈を活用する事は最適な手法を言えるでしょう。

人脈経由でエンドユーザー企業と直接契約をするデメリット

ただ、もちろん人脈を活用する場合のデメリットもあります。メンタル部分になりますので、人によってはデメリットにも感じないかもしれませんが、解説しておきます。

それは、断りにくいという点と現場をやめにくいという点です。

効率よくエンドユーザー企業と直接契約をするためには、人脈の活用が最適ではありますが、人脈から紹介された案件や仕事が必ず高単価であるとは限りません

似たような仕事であってもエージェント企業から紹介された間に最低でも1社挟んでいる案件や仕事の方が単価が高いというケースもあります。

発注単価はエンドユーザー企業次第ですので、金額に差があることは当然と言えば当然です。

しかし、中には紹介されたら断りにくいという人もいるでしょう。そうなると単価が低い仕事をしなくてはいけなくなってしまいます。

また、フリーランスエンジニアの一つの特徴として、いろいろな現場を経験できるというものがあると思いますし、そういった働き方を目指したいという方もいるでしょう。

もし紹介された案件や仕事が短い期間のものであれば良いですが、長期間のものである場合、途中で辞めてしまえば、紹介者の顔に泥を塗る結果にもなりかねません。

人脈から紹介されて働く場合は、そういった不自由さが付いて回る可能性がありますので、人によってはデメリットとなってしまいます。

しっかり断れる人や長期間でも短期間でも働き方は気にしない方であればデメリットとならないかもしれませんが、デメリットとなってしまう方もいると思いますので、それが気になる場合は別の方法でエンドユーザー企業との直接契約を目指しましょう。

人脈を増やすためには?

エンドユーザー企業と直接契約をするためには人脈を活用するのがベストですが、中には人脈が無いという方もいるでしょう。

ではどうやって人脈を増やしていくのが良いのかを解説していきます。

人脈を増やす方法は2つです。

  • コミュニティサイト
  • 現場

コミュニティサイト

フリーランスエンジニアであれば同じフリーランスエンジニアや正社員のエンジニアとの人脈を作ることが良いでしょう。

そういった人脈を作るにはコミュニティサイトが効率的です。特にフリーランスエンジニアに特化しているコミュニティサイトに参加すればなおベストでしょう。

ただ注意しないといけないのは、SNS要素の強いコミュニティサイトは要注意です。

案件や仕事を紹介したいと思える人脈を作ることが重要ですので、ある程度の信頼関係は作る必要があります。

しかし不特定多数が参加するようなSNS要素の強いコミュニティサイトでは、理想な関係を築くためには時間が掛かる可能性が高いですし、匿名であればなおさらです。

その為コミュニティサイトに参加するにしてもどういった層のメンバーが参加しているのか?どういった活動をしているのか?をしっかり把握して参加するようにしましょう。

同じフリーランスエンジニアの人脈を一人だけでも作ることが出来ればそこから広がる可能性は大いにありますので、ぜひコミュニティサイトを活用し人脈を築いてみましょう。

現場

コミュニティサイトに比べれば時間が掛かる可能性がありますが、現場で人脈を築くことも一つの方法と言えます。

現場内に同じフリーランスエンジニアという立場の人が居るのであれば、なおさらその現場で人脈を作っておくことが良いかもしれません。

現場で人脈を作る場合は、コミュニティサイトのように能動的に動かなくとも、現場できちんと働き実績を作り普通にコミュニケーションを取るという当然のことをきっちりやっておくだけで、信頼関係を築ける可能性があります。

コミュニティサイトに抵抗がある方には、良い方法でしょう。

実際に働きぶりであったり能力を把握している人脈ですので、紹介される案件や仕事の確度も高くなる可能性もあります。

ただ、人脈を早く多く築いていくには不向きな方法ではありますし、築いた人脈が案件や仕事を紹介してくれるような人ではない可能性もありますので、エンドユーザー企業と直接契約をするために人脈を活用しようとしている人は、あくまで一つの手段として考えておく方が良いでしょう。

人脈を形成するためには、コミュニティサイトや現場での実績が最適だと思いますので、エンドユーザー企業と直接契約をするために人脈を活用しようと考えている方は、ぜひ実践してみてください。

フリーランスエンジニアが効率よくエンドユーザー企業と直接契約するためのその他の手法

先ほど、エンドユーザー企業と直接契約をするには人脈を活用するのが最適だと解説しましたが、中には人脈が少ない方もいると思いますし人脈を活用して契約をするデメリットが気になる方もいるでしょう。

そうなるとエンドユーザー企業と直接契約をするためには、人脈を増やすところからのスタートになりますので、それまでは自身で営業活動をし案件や仕事を獲得していかなければなりません。

またそもそも人脈経由に抵抗がある方は、自身で営業をする方法しかないでしょう。

そんな方向けに、自身で営業して案件や仕事を獲得する場合の効率的な方法を紹介します。

その方法は、転職サイトを活用する方法です。基本に転職サイトは、正社員や契約社員向けのサービスですが、希望する職種を募集している企業を一括で検索するには最適のサイトです。

流れとしてはまずは、自身の希望する職種で検索して良さそうな企業が有れば、メモなどに残しておき、あとは、直接企業のホームページを見て連絡してみるという感じです。

企業のホームページに「フリーランスも採用してます!」的な事が書いてあれば理想ですが、実際にフリーランスを募集していてもそういった文言を書いていないケースが殆どなので、一旦連絡してみるのが良いでしょう。

募集をしているということは人が足りていないということですので可能性は十分あります。

企業探しから行う必要があり、少し手間と感じるかもしれませんが、自身で営業をして獲得していくにはこの方法が多くの企業情報を一度に集められて効率的です。

また転職サイトによっては、正社員や契約社員だけではなく、業務委託という形で転職サイト上で募集している場合もありますので、そうなれば非常に簡単に応募することができます。

このように本来フリーランスエンジニアにはあまり関係のない転職サイトではありますが、使い方によっては非常に便利なものになりますので、自身で営業をし案件を獲得していきたいと考えているフリーランスエンジニアの方はぜひ活用してみてください。

フリーランスエンジニアとエンドユーザー企業との直接契約の現状

フリーランスエンジニアはエンドユーザー企業と直接契約が出来ることが最も収入を上げやすい契約方法だと冒頭でお伝えしました。またエンドユーザー企業との直接契約するには人脈を活用することが最適だと解説してきましたが、フリーランスエンジニアとエンドユーザー企業との直接契約の現状について解説していきます。

現在フリーランスという視点でみると、正社員時代のクライアントなどこれまで築いてきた人脈を活用して案件や仕事を獲得している人が多いというデータがあります。

もちろん人脈から紹介される案件や仕事が全てエンドユーザー企業と直接契約できるものであるとは限りませんが、多くのフリーランスはそれに近い環境を得ていると言っても良いでしょう。

しかしフリーランスエンジニアという視点で見るとどうなのでしょうか?

日本の労働人口は6,900万人ほどと言われており、その内100万人がエンジニアやデザイナーなどのIT人材と言われています。

そして日本の広義の意味でのフリーランス人口は1,100万人と言われておりますので、広義の意味でのフリーランスIT人材は16万人ほどであると想定できます。

※計算式:1100*(100/6900)

さらに、フリーランス専門エージェントの代表サービスである『レバテックフリーランス』はエンジニアやデザイナーなどの18万人に選ばれたフリーランス専門エージェントという実績を持っています。

もちろんこれら18万人が全てフリーランスエンジニアやフリーランスデザイナーでない可能性もありますが、もしそうだと仮定すると殆どのフリーランスエンジニアは、案件や仕事を獲得するためにエージェント企業の力を頼っているということになります。

つまり現在の日本のフリーランスエンジニアは、エンドユーザー企業と直接契約するための手法を待っていないもしくは活用できていない環境にあり、最大限の収入を実現できていないという事になります。

フリーランスエンジニアはエンドユーザー企業と直接契約することが最も高い収入を目指すために最適な契約ではありますが、多くのフリーランスエンジニアはそれが出来ていないのが現状のようです。

今後フリーランスエンジニアとエンドユーザー企業が直接契約しやすい環境を整えているために

現状では、エンドユーザー企業とが直接契約を出来ているフリーランスエンジニアは少数派ではあるようですが、フリーランスエンジニアの活躍をより促すために、より高い収入を目指せる、要はエンドユーザー企業と直接契約できる環境へと改善していく必要があるでしょう。

 ではどういった事が出来るのか?改善すべきなのか?を解説していきます。

既存転職サイトの進化

まず一つは、既存の転職サイトに業務委託という選択肢が増える可能性は大いにあるでしょう。

日本でも年々フリーランス人口は増加傾向にありますので、転職サイトも従来の正社員や契約社員だけではなく、フリーランス向けに業務委託という項目が出てきてもおかしくありません。

そうなれば、フリーランスエンジニアであっても転職サイトへ登録して簡単に探せます。

転職サイトは、掲載をすることに対してお金を払っているので、契約が決まってもマージンを取られることはなく、高い収入を目指す事が出来るようになるでしょう。

このように既存の転職サイトが変わる、もしくは変えていく方法があります。

フリーランスの人材紹介モデル

もう一つは正社員の転職に存在するような人材紹介というモデルの登場があります。

実際に今では、フリーランスの人材紹介版を実践している会社もありますが、まだまだエージェント企業が間に入るSESモデルが主流です。

ただフリーランスという働き方は一般的になってきており、能力の高い方がフリーランスになるケースも増えてきています。

今後これが加速すれば、採用企業としてもフリーランスを人材紹介モデルで獲得するニーズも出てくる可能性は大いにあると思いますので、SESだけではなく人材紹介モデルも増えてくるのではないかと思います。

またフリーランスの立場としても毎月マージンを抜かれない為、ニーズが増えてきてもおかしくありません。

双方のニーズが高まれば、フリーランスの人材紹介モデルが主流になる可能性も大いにあるでしょう。

人材紹介企業が行うのか、それともSES企業が行うのかは分かりませんが、そういった企業が率先してフリーランスエンジニアとエンドユーザー企業とが直接契約できる環境を作って欲しいと思います。

フリーランスエンジニアとエンドユーザー企業のマッチングサービス

最後は、フリーランスエンジニアとエンドユーザー企業とが直接マッチングできるサービスの登場があります。

やはりこういったサービスが登場し、それが一般的になることが一番でしょう。

ちなみに実際にフリーランスエンジニアとエンドユーザー企業のマッチングに特化しているサービスは、1つあります。

ただ、まだ2020年に出来たサービスで多くの実績がある訳ではありませんので、今後成長していってくれることを願っていますし、フリーランスエンジニアはそのサービスはぜひ活用すべきだと思っています。

フリーランスエンジニアがエンドユーザー企業と直接契約ができる環境が出来つつある状態でもありますし、今後も変わってくるものもあるでしょう。

ぜひ参考にしていただきフリーランスエンジニアはエンドユーザー企業との直接契約を目指しましょう。

まとめ

フリーランスエンジニアがエンドユーザー企業と直接契約するための方法を紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

もちろん中には、契約内容などの関係でエンドユーザー企業と直接契約することを嫌がっている方もいるとは思います。

しかし、最も高い収入を得るためには、エンドユーザー企業と直接契約が一番可能性が高いです。

ですのでぜひフリーランスエンジニアは、エンドユーザー企業と直接契約するために動いて欲しいなと思いますし、その際にはぜひ参考にしていただければと思います。