フリーランスエンジニアはエージェントを必ず複数活用した方が良い理由とその上手な活用方法とは?

BUSINESS フリーランス

フリーランスエンジニアは基本自身で案件を獲得する必要がありますが、その案件の獲得をフリーランスエンジニア専門エージェントに依頼する方も多いのではないでしょうか?

ただ、フリーランスエンジニア専門エージェントを活用していても『登録が手間』『何社も付き合うのは面倒』などの理由で1社しか活用していないフリーランスエンジニアも多いと思います。

しかし、いくら面倒で手間だとはいえフリーランスエンジニア専門エージェントを1社しか活用しないことは、みすみす高単価な案件を見逃していることと同じなのです。

つまり、高単価な案件をしっかり獲得するためにもフリーランスエンジニアは、フリーランスエンジニア専門エージェントを複数社活用すべきなのです。

では、なぜ高単価な案件を見逃さないためにフリーランスエンジニアはフリーランスエンジニア専門エージェントを複数社活用したほうが良いのかを解説していきます。

また、複数社のフリーランスエンジニア専門エージェントに登録した後の上手な活用方法も解説していきます。

フリーランスエンジニアがエージェントを複数社活用するメリット

フリーランスエンジニアが、複数社のフリーランスエンジニア専門エージェントに登録するには、基本的に登録面談というのを行います。

その登録面談は、自身の経歴なお話や希望条件等のお話をしますので必要な工程です。

しかし、その登録面談を行うには移動の時間や金銭的なコストが発生しますし、複数社に対して同じようなことをするには、その分コストや労力が必要となります。

最近では電話やWebでの面談での対応が容易にできるようになっていますので、以前よりも移動に掛かる時間や金銭的なコストは掛からなくなっていますが、それでも何社も同じようなことをするのは面倒です。

その為、フリーランスエンジニアとして案件を獲得するために最低限のフリーランスエンジニア専門エージェントしか活用していない方も多いのだと思います。

それでも高単価の案件を見逃さずにきっちり獲得していくためには、複数社のフリーランスエンジニア専門エージェントを活用すべきです。

ではなぜ、フリーランスエンジニア専門エージェントを複数社活用すれば高単価の案件を獲得できるのか?

それは、複数社活用する最大のメリットである『比較』ができるからです。

複数社のエージェントを活用することで具体的に下記の比較ができます。

  • エージェント企業としての得意領域
  • エージェント企業の営業力
  • エージェント企業のマージン率
  • エージェント企業との相性

ではなぜこれらを比較していくことが高単価の案件獲得に繋がるのかを詳しく解説していきます。

エージェント企業としての得意領域

フリーランスエンジニア専門エージェントによって、得意とする領域は違います

例えば、エンド直の案件を獲得しやすいWeb系領域が得意なエージェントや高単価な案件が比較的多いコンサル領域が得意なエージェントの領域、その他元請けを得意とするエージェントやゲーム領域が得意なエージェントなど様々です。

もちろんフリーランスエンジニアとして選ぶべきは、自身のやりたい仕事の案件を多く持つエージェントをでしょうが、中には特定のやりたい仕事は決まっておらず、自身のスキルを主軸において仕事を探している方も多いでしょう。

その時に、どの領域が得意なエージェントなのかは重要です。

例えば、元請けやゲーム系の案件を紹介してもらう場合、エンドユーザー企業から自身までの間に元請けとなる会社とエージェント会社の最低2社が関わっているケースが多いです。

しかし、Web系の案件はエンド直と言われるものも多く、エンドユーザー企業から自身までの間にエージェント会社の最低1社のみというケースもあります。

コンサル案件は、そもそものエンドユーザー企業からの発注単価が高いので比較的高い報酬を得られるケースが多いです。

このように、一見ただの案件の種類のようには感じますが、その種類によって単価に差が出てくることもあるのです。

もし、決まったやりたい仕事がある訳ではなくスキルを主軸に仕事を探したいのであれば、得意領域をもとにフリーランスエンジニア専門エージェントを比較・把握し選び、案件の紹介を依頼することでより高単価な案件の獲得を目指せるでしょう。

エージェント企業の営業力を比較

フリーランスエンジニア専門エージェントを複数社活用することで、エージェントの営業力を比較することも出来ます。

そして、高単価の案件の獲得をより容易にするためには、この営業力が高いエージェントに案件の紹介を依頼することが重要です。

例えば、エージェントによって抱えている案件の量は違います。それにより少ししか案件を紹介してくれない・出来ない企業もあります。

ニッチな希望であれば仕方がないかもしれませんが、やはりそれでは心配になるでしょう。その為、案件を紹介してくれる量が多いかどうかというのは重要なポイントです。

また、エージェントによって案件を獲得している経路が違います。

要は、より発注元に近い位置で案件を獲得しているかどうかという違いです。

言うまでもなく間に多くの企業が絡んでいる案件は単価が下がってしまいますので、最小限の企業しか絡んでいないことがベストでしょう。

このようにエージェントによって、これら案件の量と質は違ってくるのです。

つまりそれはエージェントの営業力の差です。

しかし、フリーランスエンジニア専門エージェントを1社しか活用していなければ、そのエージェントの営業力が高いのかどうかを比較することは出来ません。

その為、営業力を比較するためにも複数社のフリーランスエンジニア専門エージェントを活用すべきなのです。

エージェント企業のマージン率を比較

マージン率の比較もフリーランスエンジニア専門エージェントを複数活用することである程度出来ます。

マージンは自身の収入に直接関係するものですので、マージン率の高さは気にしておくべき点の一つです。マージン率の高いエージェントにいつまでも案件の紹介を依頼していては、自身の報酬がどんどん減っていきます。

その為、複数社のエージェントのマージン率を比較し、低いエージェント企業を選ぶ必要があるでしょう。

ただ、殆どのエージェント企業はマージン率を非公開にしておりネットで調べても出てきません。ですので実際にエージェントの担当者に直接マージン率を聞く必要があります。

基本的には、直接聞けばマージン率を教えてくれるでしょうが、中にはぼんやりとしか教えてくれない場合もありますし、案件単価によってマージン率が異なる場合もあります。

1回だけマージン率を聞くのではなく、案件を紹介してもらうごとに、その案件に対してどれくらいのマージンを抜いているのかを把握し、おおよそのマージン率を導き出していくのが良いでしょう。

エージェントによってマージン率が10%近く違う事も普通にあります。

仮にエージェントA社のマージン率が10%でエージェントB社のマージン率が20%とマージン率の差が10%ある場合、100万円で発注されている案件であれば、自身に案件が紹介される時にA社の場合は90万円で、B社の場合は80万円と10万円の差が出てしまいます。

年間で考えると120万円もの差になります。

マージン率が違うだけでもこれだけの損失を招くことになりますので、エージェントのマージン率を把握しておくことは重要なのです。

その為にも複数社のフリーランスエンジニア専門エージェントを活用し、マージン率を必ず比較するようにしましょう。

エージェント企業との相性を比較

高単価な案件を獲得することに繋がる訳ではないですが、フリーランスエンジニアとして一生活躍していくのであれば、相性の良いフリーランスエンジニア専門エージェントに依頼することの方が良いでしょう。

そして複数社活用する事を想定するのであれば、営業力が高い且つマージン率が低く、自身と相性の良いフリーランスエンジニア専門エージェントを複数社確保する必要があります。

それを目指すためにも、相性という面でも比較しながらエージェントの取捨選択をしていくのが良いでしょう。

エージェントは案件を紹介してくれるだけではなく、稼働中のサポートなども行ってくれるのが基本的です。

継続的に案件を紹介してもらいたい、そしてサポートもしてもらいたいと思えるエージェントを見つけるためにも比較検討をしていくべきでしょう。

フリーランスエージェントを複数社活用し上手に比較するための方法

では、実際にフリーランスエンジニア専門エージェントを複数社活用し、上手に活用していくためにはどうすれば良いのか?比較検討する時のポイントを紹介していきます。

  • エージェント企業としての得意領域
  • エージェント企業の営業力
  • エージェント企業のマージン率
  • エージェント企業との相性

それでは、それぞれの比較する時のポイントを解説していきます。

エージェントの得意領域を比較する時のポイント

エージェントの得意領域を比較するために見るべきポイントはこの3つです。

  • 社長など経営層の経歴
  • 設立時に出資を受けているのであればその企業がどういった企業なのか
  • エージェント事業以外に行っている事業があればどういった事業なのか

エージェント事業以外の事業であれば、エージェント企業のコーポレートサイトを検索すれば簡単に調べることは出来ますが、それ以外の2つは検索しても出てこない場合もあります。

その場合は、登録面談時などに直接担当者に聞くのが良いでしょう。

エージェント事業を始める場合、人材情報も重要ですが案件の情報も欠かせません。その際に最初は社長や経営層の繋がりを元に案件の情報を獲得しエージェント事業をスタートさせるケースが多いので、その段階からある程度得意領域が固まってきます。

その為、経営層の経歴によってある程度エージェント企業全体の得意領域を想像することが出来ます。

また出資している会社があるのであれば、その出資会社はエージェント企業に上手くいって欲しいはずですので、取引している企業や付き合いのある企業を紹介してくれるケースもあります。

その為、出資会社がどのような事業を行っていてどういった企業と取引があるのかを把握できれば、ある程度エージェント企業の得意領域を把握することが出来ます。

さらに、エージェント企業自体がその他に事業を運営している場合、その事業とエージェント事業が関わっているケースがほとんどです。

その為、そのエージェント以外の事業によって得意領域を把握しやすくなります。

このように、対象のフリーランスエンジニア専門エージェントがどの領域を得意とし案件を多く抱えているのかを把握するためにもこれら3つの情報が必要となります。

そして、これらの情報をもって比較することでエージェント企業ごとの得意領域の強弱をも把握することが出来るでしょう。

エージェントの営業力を比較する時のポイント

エージェントの営業力には、案件の『量』と『質』の2つがあります。それぞれエージェント毎で比較する場合、どういったポイントが重要なのかを紹介します。

案件の量を比較する時のポイント

まず案件の量に関しては、2つあります。

  • コーポレートサイトへの案件掲載数
  • 希望案件の紹介数

基本エージェント企業のコーポレートサイトには案件が掲載されていることが多いので、そこを元に案件の量をある程度把握することが出来ます。

ただ、掲載していない非公開の案件があったり、募集をしていない釣り案件が掲載されていたりするケースもあるため、掲載数だけで安易に判断するのは良くないです。

そこで実際の紹介数でも比較する必要があります。紹介してくれる案件は必ず募集している案件ですので、その量を比較するのが良いでしょう。

しかし、どちらにも共通して注意すべき点があります。

それは、エージェント企業は多くの他エージェント企業との繋がりがありますので、案件情報は様々な所から大量に集まります

その為、量だけなら簡単に増やす事は出来ない事もありません。とはいえ、紹介してもらえる案件の量は重要といえば重要なので参考にしつつ、続いて紹介する案件の質もしっかりと比較しましょう。

案件の質を比較する時のポイント

案件の質を比較する時のポイントはこの2つです。

  • 希望の単価の案件の紹介数
  • 発注元の企業名を教えてくれるかどうか

希望の単価の案件を紹介してくれる数は、質の高さを調べるのには良いでしょう。

もちろん、希望単価が低すぎれば大量に紹介されるでしょうし、希望単価が高すぎればどこも紹介してくれません。その為、ある程度自身の相場を把握しておく必要はあります。

希望単価以上の案件をたくさん紹介してくれれば必ず営業力が高いという訳ではないかもしれませんが、希望単価以上の案件をたくさん紹介できるだけの営業力を持っているということには変わりありません。

そしてもう一つは、紹介してくれた案件の発注元の企業名を教えてもらうのも一つの手です。

エンドユーザー企業から獲得しているのであれば、堂々と発注元の企業名が答えられます。(秘密保持などで答えられないという場合もありますが、教えてもらえる可能性は高いです)

しかし、別のエージェント企業から流れてきた案件情報であれば、発注元のエンドユーザー企業名が分からないケースが多いので答えられません。

つまり、発注元の企業名が答えられるかどうかで、ある程度エージェントの営業力の高さを比較することが出来ます。

発注元の企業名がしっかり答えられる希望単価以上の案件をたくさん紹介してくれるかどうか。これがエージェントの営業力の高さの物差しになるでしょう。

エージェントのマージン率を比較する時のポイント

マージン率を把握するのに最適なのは先ほども言いましたが、単純に直接担当者に聞くことですので、その聞いた情報を元に比較することにはなると思います。

しかし、必ず教えてくれるとも限りませんので、その時にどうするかを紹介します。

マージン率を聞いても直接教えてくれない時は、他エージェントから紹介された気になる案件を比較したいエージェントにも紹介してもらうのが良いでしょう。

その案件の単価が違えば、マージン率が違う可能性があります。もちろん商流の差が影響している可能性もありますので、一概には言えません。

ただ単価に差があるのであれば、単価の交渉ができます。そして仮にマージン率の影響による単価の差ではなくても単価の高い方を経由して案件に参画できます。

マージン率は自身の収入に大きく影響しますので、すぐにマージン率が分からないとしても、どうにかこうにかマージン率を知る努力をしていきましょう。

エージェントとの相性を比較する時のポイント

相性に関しては、基本的には自身の感じるポイントに従って判断してください。

気持ちよく進めていくために必要な要素は、人それぞれですので決まったポイントはありません。

ただ、メールや電話の返信など早くて越したことがないことなど当たり前のことがきちんとできるかどうかは、判断するには重要なポイントかもしれません。

意外と返信を放置したり、一向に連絡が来ないエージェントもありますので、しっかりと観察し比較しましょう。

おすすめのフリーランスエンジニア専門エージェント

こちらの記事でフリーランスエンジニアにおすすめのフリーランスエンジニア専門エージェントを10社紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

最近では福利厚生サービスを提供しているエージェント企業も増えてきていますし、福利厚生を求めているフリーランスエンジニアもいるでしょう。

そういった福利厚生を提供しているエージェント企業や高収入の実績のあるエージェント企業などエージェント企業ごとの特徴を紹介しています。

ただ、エージェント企業に登録をする際に1点注意すべき事があります。

案件を獲得するためのWebサービスとして、フリーランスエンジニア専門エージェントを横断検索できるプラットフォームサービスがあります。

フリーランスエンジニア側は無料で利用でき、効率よく案件を探すことは出来ますが、利用するエージェント側は何かしらの料金を支払っています

その為、支払っている金額をどこかで回収する必要が出てきます。その一つの回収先として出てくるのは、マージンです。

つまり、効率よく案件を探せたとしても自身の収入が下がる可能性があるのです。

そうならない為にも出来る限り面倒であても、1社1社登録していくのが良いでしょう。

最後に

これまで紹介したように、面倒かもしれませんが高単価な案件を見逃さないためにもフリーランスエンジニアは、複数のフリーランスエンジニア専門エージェントに登録するべきです。

そして、紹介したポイントを参考に各情報を比較し、よりよいエージェント企業を選んでいくようにしましょう。

フリーランスエンジニアを専門とするエージェント企業はどんどん増えていますので、質の低いエージェントにつかまらない為にもどんどん比較をしていくことをおすすめします。

ぜひ本記事で紹介したことを参考にしてください。