稼げないフリーランスエンジニアが見直すべき行動2つ

フリーランス 収入

フリーランスエンジニアになれば正社員時代より稼げる!というイメージが強い方も多いと思います。

実際私はそうだと思っています!

なぜなら日本の正社員として働くITエンジニアの多くは、IT企業に当たる3次請けや4次請け、それより下位の企業に所属しているからです。

正社員のITエンジニアは自身で現場を選ぶことは出来ませんが、フリーランスエンジニアになればそれが可能です。つまり、より上位にある商流の案件へ参画しやすくなります。

そのため全ての正社員エンジニアがフリーランスエンジニアになった場合、稼げる人の割合の方が多いです。

しかしフリーランスエンジニアの中には、「思うように稼げず少ない報酬で稼働しているフリーランスエンジニア」や「フリーランスエンジニアでは稼げず、安定した正社員に戻る人」がいるのも事実です。

そんなフリーランスエンジニアの特徴は、この2つです!

  • 案件の獲得を疎かにする
  • 人脈を増やす事を疎かにする

これらを詳しく解説していきますので、「稼げずにいるフリーランスエンジニア」や「もっと稼ぎたいフリーランスエンジニア」、「これからフリーランスエンジニアになりたいけど不安な人」はぜひ参考にしてください。

稼げない理由①案件の獲得が疎か

まず1つ目の稼げないフリーランスエンジニアの特徴は、案件の獲得を疎かにしている傾向があります。

具体的には下記が挙げられます。

  • フリーランスエージェントを1社しか活用していない
  • フリーランスエージェントだけにしか頼っていない
  • フリーランスエージェントを全く活用していない

フリーランスエージェントはフリーランスにとって活用すべき案件の獲得方法です。しかしそればかりに頼っていては最大限単価を上げることは不可能です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

フリーランスエージェントを1社しか活用していない

今活用しているフリーランスエージェントは本当に高単価な案件を紹介してくれているのでしょうか?
正直1社だけでは分かりません。高単価な案件を紹介してくれているのかどうか、これは比較する案件やエージェントがあって初めて分かります。

もちろん今ではフリーランスエージェントに登録せずとも案件を検索することができ、単価を調べることもできます。

しかし、話をきちんと聞いてみると掲載されている単価より上振れすることは意外とあります。

また全く同じ内容の案件であってもフリーランスエージェントによって提示される単価は違います。

数万円ならまだしも10万円以上違うなんて事もザラにあります。

このようなことが発生する理由はマージンや商流の問題です。

フリーランスエージェントを複数社活用し比較する事は、そのフリーランスエージェント自体のマージン率や営業力を測る事に繋がります。マージン率やエンド直など商流の浅い案件があるかどうかは単価に大きく影響します。

そしてこれは1社だけでは比較が不可能です。

複数社活用する事により最初は時間的コストが発生してしまいますが、より高単価な案件を獲得する為にもフリーランスエージェントは1社だけでなく複数社活用しましょう。

フリーランスエージェントだけにしか頼っていない

前述で説明している通りフリーランスエージェントに案件の紹介を依頼する事は悪い訳ではありません。しかしそれだけにしか頼っていない状況はあまり好ましくありません。

なぜならフリーランスエージェントを活用するデメリットとして、必ずマージンが発生するからです。

マージンがある以上、必然的に単価は下がります。

そのため稼げるフリーランエンジニアを目指すのであれば、フリーランスエージェントを活用しつつもマージンを発生させない為の努力は常にする必要があります。

マージンを発生させない為には、クライアント企業と直接契約する必要があります。そしてエンドクライアント企業と直接契約できる案件を獲得する為には、人脈やSNSなどを活用し案件を獲得する方法があります。

正直これが1番稼げる可能性が高いです。そのため目指すべきは自身で獲得した案件で参画できる環境を築いていくのが良いでしょう。

フリーランスエージェントを全く活用していない

人脈やSNSを活用することで案件を獲得し、その案件に参画できる方がフリーランスエージェントを活用して現場に参画するよりも高単価を目指しやすいのは事実です。

ただ自身で獲得した案件がすべて高単価になるという訳でもありません。

その案件が本当に高単価なのかどうか判断するためには、その他の案件との比較が必要です。また意外とフリーランスエージェントを活用して獲得した案件の方が高単価だったということもあります。

つまりフリーランスエージェントを活用しないことで見す見す高単価の案件を見逃している可能性があります。

フリーランスエージェントを活用することで案件の単価など多くの比較対象を作ることができるのは大きなメリットと言えますし、そうしなければ低単価の案件に参画していることも気づかず思ったより稼げない状態になってしまっています。

自身の適正単価を把握する意味でもフリーランスエージェントは活用するべきでしょう。

また継続的に案件に参画していなければ、自ずと収入は減ります。人脈やSNSなどを活用するだけで継続的に案件を獲得すること自体は可能かもしれませんが、皆が皆できる訳ではないでしょう。

タイミングよく案件を獲得するためにもフリーランスエージェントを活用することは有効ですし、リスクヘッジとして活用するのがベストでしょう。

稼げない理由②人脈を疎か

人脈、特に同じ立場であるフリーランスエンジニアの人脈があるということは多くの情報を得ることができます。

そして高単価を目指すために必要不可欠である

  • スキルの最新情報や動向
  • 案件情報
  • 現場や企業の情報

を得ることが出来る可能性が高まります。

「フリーランスエンジニア=一人」という概念に囚われ、人脈を増やしていくことを疎かにしているのは高単価を目指すための機会を逃していると言っても過言ではないでしょう。

稼げるフリーランスエンジニアを目指すのであれば、同じフリーランスエンジニアからこのような情報を共有していく必要があります。

それではそれぞれの情報の重要性を解説していきます。

スキルの最新情報や動向

IT業界は言語やスキルなど進化や変化が激しく、スキルの需要が数年後には変わっているケースは往々にしてあります。

そのため自身の今持っているスキルだけに固執することは、後々の低単価を招く可能性があります。

そういった背景があるからこそ「次に学ぶべきスキルや言語は何か?」「どういった現場で経験を積んでいくのが良いのか」など考えていく必要があります。

そしてその判断材料として最新のスキルや言語の動向をチェックしておくことが重要なのです。

もちろんそれらの情報を自身で検索し調べることも可能ですが、思ったより情報が少なかったり、古い情報しかないというのはざらにあります。

そのため実際にその言語やスキルなどを活用し働いている人に話を聞くことが、一番効率よくホットな情報を得ることに繋がります。

フリーランスエンジニアの人脈を増やし、自身の単価アップのために動いていきましょう。

ただ良質な関係を築くためにも全て人に頼るだけでなくある程度自身で、言語やスキルの単価相場比較などの情報も見ておきましょう。

案件情報

先ほども説明した通り最大限の高単価を目指すのであれば、マージンを発生させないために自身でエンドクライアント企業と契約するのがベストでしょう。

そしてエンドクライアント企業との契約を目指すのであれば、自身で営業する必要がありますが、人脈を活用し紹介してもらうという方法もあります。

フリーランスエージェントが多く案件を持っているのは、複数人で営業をし案件を獲得しているからです。であれば人脈を活用し案件を紹介してもらうことが出来れば、自身1人で営業をするよりもはるかに効率的です。

フリーランスエージェントを活用しつつも人脈を増やし、エンドクライアント企業と直接契約できる案件を獲得することが最大限稼げるフリーランスエンジニアを目指す方法でもあります。

その環境を作るためにも案件情報が共有できる人脈が重要になります。

現場や企業の情報

現場や企業の情報もフリーランスエンジニアにとっては重要です。

なぜかというとフリーランスエンジニアであっても同じ現場で長く継続して稼働することによる単価アップが見込まれる現場とそうでない現場があるからです。

もちろんフリーランスエンジニアであれば案件を変えて、より単価の高い案件へ参画し、今より単価を上げていくという方法もあります。

しかしそれには毎回案件を探す手間が発生しますし、再度現場や環境に慣れるための時間も割かなければなりません。
様々な現場を経験しスキルアップできるというメリットもありますが、精神面ではそう簡単にいかないでしょう。

そうなれば今と同じ現場で長く稼働し評価してもらい、単価を上げていくという選択肢も考えなければなりません。


しかしどれだけ頑張ったとしても評価されているのかどうかも分からず、単価アップに繋がらないケースもありますし、評価はされていても単価を上げてくれないケースも多々あります。

自身で単価交渉ができればまだ良いかもしれませんが、お金の話となるとなかなか言い出せない場合もあると思います。

そこでフリーランスエンジニアであっても正社員と同じように、稼働や成果物に対してきちんと評価され、単価を上げてくれる企業かどうかという情報が重要になってきます。

実際にフリーランスエンジニアでも評価をし単価の相談を行ってくれる企業も多くあります。

そういった情報は実際に稼働した経験のあるフリーランスエンジニアであれば持っている可能性が高いので、人脈を活用し有益な情報を手に入れることができます。

また現状エンジニアのリソースはどこも不足しており、出来るフリーランスエンジニアであれば逃したくはないはずです。そうなればある程度単価の交渉にも前向きに行ってくれるかとも思いますが、資金は有限です。

人材に対して投資できる資金が少なければ単価アップは見込めないでしょう。

そういった情報も内部の人からであれば得られるかもしれません。
そのため現場や企業の情報を得られる人脈を活用することが重要になってくるのです。

おさらい

本記事で説明した通り、稼げないフリーランスエンジニアの特徴は「案件の獲得」「人脈」という2つの面で疎かにしている傾向があります。

そしてどちらも共通して言えるは、「情報」ということです。

ただ「スキルがあれば稼げる!」のは間違いでは無いかもしれませんが、情報が少ないが故に損をしている可能性は非常に高いと思います。

スキルだけでなく情報も1つの武器になりますので、ただ働くだけでなくアンテナを高く持っておきましょう。

案件の獲得

  • フリーランスエージェントを複数社活用
  • フリーランスエージェントだけでなく人脈やSNSなどエンドクライアント企業と直接契約できる案件を獲得する環境も作る

今ではフリーランスエージェントに案件を紹介してもらっているフリーランスエンジニアは増えてきています。そして同じようにフリーランスエージェント自体もどんどん増えています。

ネットで検索すればすぐにフリーランスエージェントの情報が出てきますので、フリーランスエージェント自体の企業情報や持っている案件情報を参考にし、その中から良さそうなフリーランスエージェントを複数社ピックアップしていくのが良いでしょう。

人脈の活用

  • ステップアップのためにスキルの最新情報や動向を把握(共有)
  • エンドクライアント企業を直接出来る案件の獲得(共有)
  • 現場や企業のフリーランスエンジニアに対しての待遇面や資金繰りなどの情報の獲得(共有)

人脈を活用し得られる情報は様々ですし、全て有益になる可能性を秘めています。

参画現場での繋がりSNSを活用した増やし方だけでなく、今ではフリーランス向けのコミュニティサイトもどんどん増えてきています。

しっかりと自身の人脈を広げていきましょう。

ただコミュニティサイトを選ぶ際は自身に何が必要なのかをきちんと把握しましょう。無料なサイトから有料なサイトまであります。また福利厚生を兼ねているものもありますし、フリーランスエンジニアだけでなくフリーランスという全職種に対応しているものもあります。

中には人が多すぎると参加しずらいという人もいるでしょう。

そんな方は以前私がフリーランスエンジニアに特化したコミュニティサイトである「Pride」というサービスを紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。