フロントエンドンジニアの単価相場と将来性

将来 案件単価相場

フロントエンドエンジニアは、HTMLやCSS、JavaScriptをメインに扱い、ユーザーの身に見える部分であるフロント側の開発を行うエンジニアです。

これまでHTML/CSSエンジニア案件の単価相場やJavaScriptエンジニア案件の単価相場を紹介してきましたが、フロントエンドエンジニア単体ではどのような相場になっているのか見ていきましょう。

もしHTML/CSSエンジニアやJavaScriptの単価相場を見ていない人はこちらも参考にしてください。※これらの話も絡めて解説していきます。

HTMLとCSS案件の単価相場
https://freelance-attack.work/column/html-css-marketprice/

JavaScript案件の単価相場と平均単価
https://freelance-attack.work/column/javascript-marketprice/

それでは早速フロントエンドエンジニア案件の単価相場と将来性を紹介していきます。

フロントエンドエンジニア案件の単価相場

フロントエンドエンジニア案件の単価相場は60万円台となっており、次いで50万円台となっています。またどちらかというと単価の低い案件の割合が多い傾向にあるように見えます。

フロントエンドエンジニアのメインスキルと言えば、HTMLとCSS、JavaScriptですが、単価相場グラフの形としてはHTMLやCSSに近い印象があります。

ここから想像するとJavaScriptを使わず、HTML/CSSをメインとする、所謂マークアップエンジニアをフロントエンドエンジニアと呼んでいる企業も多いのかもしれません。

やはり企業によってフロントエンドエンジニアの仕事内容は変わってくるのでしょう。

ただ割合こそ少なく見えるものの70万円台以上の案件も数自体はあるようです。

そのためJavaScriptやJavaScriptのフレームワークが扱うことのできるフロントエンドエンジニアであればその辺りを目指せるということだと思います。

データで見るフロントエンドエンジニアの将来性

フロントエンドエンジニア案件の年単位での相場の推移を見てみると、どの年代も60万円台が高くはなっています。2015年と2019年は少し70万円台が多い傾向にあったようです。

また80万円台以上の案件は年々増加している傾向にあり、2019年はぱっと見て分かるくらい80万円台以上の案件の割合が多いです。

今やビジネスの主戦場は、Webサービスありきです。また単にPC側だけではなく、スマホ側も整ったWebサービスでなければ勝負はできません。

フロントエンド開発はWebサービス開発の過程で欠かせないですし、スマホ側のUI/UXを設計できるフロントエンドエンジニアの需要も増加しています。

そういった背景もありフロントエンドエンジニアの需要は増加しているのではないかと思います。

またJavaScriptは一般的なフロントエンドエンジニアにとって欠かせない言語です。そしてそのJavaScriptは最も多く使用されている言語の1つです。

やはり多くの企業がJavaScriptを扱えるエンジニア、所謂フロントエンドエンジニアを欲しているのでしょう。

フロントエンドエンジニアが単価を上げるためには?

HTML/CSSやJavaScriptを扱えるフロントエンドは普通ですし、そのようなエンジニアは多くいます。

その中でもしっかり自身のフロントエンドエンジニアとしての価値を証明するためには、差別化が必要となってくるでしょう。

ではフロントエンドエンジニアが自身の価値を上げる、単価を上げるためには何が必要なのでしょうか?

JavaScriptフレームワークの習得

フロントエンドエンジニアに欠かせないスキルであるJavaScriptには多くの代表的なフレームワークがあります。

  • AngularJS
  • Vue.js
  • jQuery
  • React.js
  • Node.js

フロントエンドエンジニアとして価値を高めるためには必要となってくるでしょう。

むしろこれらの知見やこれらを活用しての開発経験持つことは、今後必須と言っても過言ではありません。それくらいJavaScriptフレームワークは重要で、これらのスキルを必要とする案件が多く出てきています。

Webデザイン側の知見と経験

フロントエンド開発にとってUI/UXデザインも需要なポイントです。その為Webデザイン領域の知見を持っておくことは一つ差別化できるポイントです。

単純にWebデザイナーに必要なillustratorやPhotoshopを扱うことが出来れば、Webデザインからフロントエンド開発まで一貫して手が動かせるエンジニアを目指す事が出来るのでかなり需要は高いです。

またそういったスキルが無くともWebデザインの知識や資格があることで、フロントエンドエンジニアの仕事に活かす事が出来ます。そうなれば単にWebデザイナーがデザインしたものを実装するだけでなく、自身でもUI/UXデザインを考えながら開発を進めることが出来ます。

マーケ側の知見と経験

UI/UXデザインや設計の良し悪しを図る上で、数字は欠かせません。その数字によってWebデザインや設計の改修は行われていきます。

となるとユーザー側の実装を行うフロントエンドエンジニアであってもマーケティング知識はあった方がベターです。

自身で開発を進め、数字を見て何が良かったのか悪かったのかを分析し、その分析結果を元にさらに開発をして実装する。マーケの知識があることでより早くPDCAを回せるフロントエンドエンジニアを目指す事が出来ます。

最後に

今や多くの企業が自身のWebサービスを持ち、ビジネスを展開しています。その為にはフロントエンドエンジニアは、欠かせないポジションであり、そのような背景もあり将来性も高いポジションです。

また人気言語であるJavaScriptをメインに扱うエンジニアであるため、需要もかなり高いです。

とはいえ現状のスキルを拡張しつつ、さらに活躍できるフロントエンドエンジニアを目指してください。

特に自身がどうステップアップしていきたいかによって

  • フレームワーク
  • Webデザイン
  • マーケティング(データ分析)

のスキルの習得をおすすめします。

【フロントエンドエンジニア入門】フロントエンドエンジニアにおすすめの資格と勉強方法
https://freelance-attack.work/column/frontendengineer/