ゲームシナリオライターの単価相場と年収、将来性は?シナリオライターになるには

SKILL 職種

年々拡大しているゲーム市場。

そんなゲームの開発に欠かせないポジションの一つであるゲームシナリオライター。

そこで今回はそのゲームシナリオライターについて単価相場や年収、将来性など解説していきます。

またシナリオライターの仕事内容や未経験からシナリオライターになるにはどうすれば良いのかなども解説していきますので、シナリオライターを目指したい方はぜひ参考にしてください。

シナリオライターの単価相場

シナリオライターは40万円台の案件が一番多く、次いで30万円台の案件が多くなっていますので、シナリオライターの単価相場は30~40万円台と見て良いでしょう。

年換算すると、シナリオライターの年収は360~480万円が相場となっています。

また比較的50万円台の案件も多いようですが、60万円以上の案件はかなり限られてくる傾向にあります。

Web・ゲーム業界のフリーランスクリエイター専門エージェントである『レバテッククリエイター』でシナリオライターの案件を検索すると、30~50万円台の案件が多くなっています。(※2021年8月実績)

シナリオライターの平均単価と中央値

シナリオライターの『平均単価』『平均Min単価』『平均Max単価』『中央値』はこちらです。

シナリオライターの平均単価は47万円で、中央値も47万円となっています。

またシナリオライターのミニマム単価の平均は38万円で、マックス単価の平均は52万円となっています。

年換算すると、シナリオライターの平均年収は564万円で、半数以上が564万円以上の案件となています。

レバテッククリエイター』でシナリオライターの案件を検索すると、最高単価は60万円で平均単価は45万円となっています。(※2021年8月実績)

シナリオライターの将来性

2020年の世界のゲーム市場は20兆円の大台を突破し、日本国内で見ても2兆円を突破し、2011年から10年連続で成長を続けています。

また、PCゲームやスマホゲーム、家庭用ゲームやソーシャルゲーム、オンラインプラットフォームなどゲームのプラットフォームは多様化しています。

このようにゲームが多様化し需要も伸びている背景がありますので、ゲーム開発に欠かせないシナリオライターの需要も高いです。

そしてまだまだゲーム市場は拡大していくと予想されますので、シナリオライターの将来性は高いでしょう。

シナリオライターとは

シナリオライターとは一般的に映画やドラマ、舞台など台本を執筆をする人を言い、脚本家や構成作家とも呼ばれます。

その中でゲームのキャラクターのセリフやストーリーなど台本・脚本を書くのがゲームシナリオライターと言います。

もともとゲームプランナーが兼務することの多かった職種ですが、ゲームの多様化や需要拡大によりシナリオライターという職種にも注目が集まるようになっています。

つまり、オリジナリティのある発想力などシナリオライターに必要な優れた能力がより求められるようになっているのでしょう。

シナリオライターとしてヒット作を担当するなど経験実績ができてくると、ゲームプランナーやゲームディレクターなどの職種へキャリアアップが目指せます。

シナリオライターの仕事内容

シナリオライターの仕事内容は大きく分けると3つあります。

  • ゲームコンセプトの確認
  • 基本構成の作成
  • プロットの作成
  • シナリオの執筆

ゲームコンセプトの確認

まず、シナリオの構成や執筆をしていく前に、担当するゲームの概要やテーマ、ターゲット層などコンセプトを確認していきます。

またゲームコンセプトが漠然としていることもありますので、シナリオライターも含めて詳細を決めていくこともありますし、ゲームの企画段階から会議などに参加する場合もあります。

基本構成の作成

ゲームコンセプトが決まりそれを確認したら、そのコンセプトに合わせて、まずはゲームの世界観を決めます。

そして、起承転結に沿って、キャラクターの設定やイベントなど大まかなストーリーを構成していきます。

プロットの作成

基本構成が出来た後はすぐに執筆するのではなく、もう少し詳細なシナリオ設計をしていきます。

設計図となるプロットを作成しストーリー全体の流れを見ながら、不自然な点等があれば修正をしつつ完成度を高めていきます。

シナリオの執筆

プロットを作成し問題がなければ、実際にシナリオの執筆をしていきます。

もし複数のシナリオライターで進める場合、話の筋や文章のトーンがバラバラになってしまう可能性もありますので、他のシナリオライターとすり合わせながら進めていきます。

ストーリーに必要なアイテムや場面の説明など細かい部分も執筆し、修正点がなくなるまで何度も書き直していきます

未経験からシナリオライターになるには

では、未経験からシナリオライターになる方法をいくつか紹介していきます。

  • 大学/専門学校
  • 通信講座/スクール
  • 単発案件を受注
  • 未経験可の求人へチャレンジ

大学/専門学校

未経験から独学でシナリオライターになるには、学ばなければならないことが多く比較的大変ですので、大学や専門学校で学ぶことをおすすめします。

大学や専門学校であればカリキュラムがしっかりしており実績のある専門の講師がいますので、しっかりと知識とスキルをみにつけシナリオライターを目指せるでしょう。

ただ学費は高い傾向にあり、既に社会人として働いている人にはハードルが高いかもしれません。

通信講座/スクール

大学や専門学校以外にも未経験から独学でシナリオライターになるには、通信講座やスクールで学ぶことをおすすめします。

大学や専門学校同様に通信講座やスクールであればカリキュラムがしっかりしており実績のある講師がいますので、知識とスキルをみにつけシナリオライターを目指せるでしょう。

また、既に社会人として働いている方でも学べる環境が整っているものもあり、働きながらシナリオライターを目指す事も可能です。

単発案件を受注

ある程度ゲーム業界の知見やゲーム業界以外のシナリオライターの実績があるのであれば、実際に案件をこなしつつ経験を積みシナリオライターを目指すのもよいでしょう。

例えば、クラウドソーシングサイトでは、ゲーム業界以外のもの含めシナリオライター案件が豊富にありますので、様々な経験と実績を積むことができます。

そうして経験と実績を増やしつつ、ゲーム業界のシナリオライターへチャレンジできる土台を作っていけば、未経験からであってもシナリオライターを目指せるでしょう。

未経験可の求人へチャレンジ

たまに未経験可のシナリオライター求人が出ていますので、応募して内定がでれば社内で教えてもらいつつシナリオライターを目指せます。

常にある訳ではないので、アンテナを張っておく必要があります。

また未経験可とは言えITやゲームについての知識など必要なことはありますので、あらかじめ知識やスキルの準備はしておく方が良いでしょう。

最後に

ゲームクリエイターの中で、シナリオライターは年収としては高い方ではありませんが、ゲーム開発に欠かせないポジションであり需要もあります

またゲーム市場は今後も拡大していくと予測されていますので、シナリオライターという職種の将来性も高いでしょう。

未経験でもチャレンジできる求人も出ていることもありますし、経験を積むことでゲームプランナーやディレクターなどゲームの企画から携われる職種へチャレンジすることも出来るようになります。

もしゲーム開発やゲームのストーリーを考えることに興味のあるのであれば、ゲームシナリオライターを目指してみてはいかがでしょうか。