【Go言語(Golang)がわかる】特徴や単価相場などを網羅したGo言語(Golang)入門書

初心者 案件単価相場

今回は、比較的新しく今注目されているGo言語のメリットやデメリット、Go言語エンジニアにおすすめの資格や勉強方法、Go言語案件の単価相場などを初心者向けに解説していきます。

  • Go言語ってなに?
  • Go言語のメリットやデメリットは?
  • Go言語で出来ることは?
  • Go言語のおすすめフレームワークはなにか?
  • Go言語エンジニアにおすすめの資格は?
  • Go言語を学ぶには?
  • Go言語を習得すればどれくらい稼げるのか?

などの疑問に応えられるようデータを交えて解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

Go言語とは

Go言語は、2009年にGoogle社によって開発されたオープンソースのプログラミング言語で、正式名称は『Go』ですが、それだといろいろな意味でとらえられるので、『Go言語』や『Golang』と呼ばれています。

Google社内において、効率的で生産性の高い開発や拡張性や柔軟性を高めるために設計されており、軽量で高速かつシンプルといった特徴があります。

現在Go言語は、学びたいプログラミング言語として上位に位置し、稼げるプログラミング言語としても人気があります。

今では世界中に100万を超えるGoユーザーがおり、GoogleはもちろんIBMやTwitter、Uber、Salesforceなど世界的大企業でも採用されており、国内ではサイバーエージェントやLINE、メルカリなどの企業のサービスにGo言語が使用されています。

また仮想化技術の一つとして注目されている『Docker』にもGo言語が使用されているなど、人気や需要の高さが窺えます。

比較的新しいプログラミング言語で、現在多くの案件がある訳ではないですが、今着実に人気を高め伸びているプログラミング言語がGo言語です。

それではよりGo言語について詳しく見ていきましょう。

Go言語のメリット

Go言語のメリットはこちらです。

  • 処理速度が速い
  • 並行処理に強い
  • 拡張性が高い
  • 消費リソースが少ない
  • シンプル
  • 可読性が高い
  • Google社で開発された言語

処理速度が速い

Go言語は、コンパイル言語ですので、そもそもPythonやPHPなどのスクリプト言語に比べると高速な処理が実現できます。

しかしGo言語はそれだけではなく、コンパイルが優れています。

機械語を直接コンパイルすることができるので、同じコンパイル言語であるJavaなどと比べても速く処理をすることが出来ます。

並行処理に強い

Go言語は、並行処理が得意でそれを言語レベルで行えるプログラミング言語です。

ちなみに並行処理とは、コンピューターのCPUにおいて複数のプロセスを同時に実行することです。

Go言語にある『goroutine』や『channel』といった機能を使うことでCPUの負荷を抑えた状態で処理をすることが可能になります。

拡張性が高い

Go言語は、軽量という特徴があるように、デフォルトで豊富な機能を備えているのではなく、必要に応じて機能を追加し組み合わせることで、高い機能性を発揮しまるような設計になっています。

このように拡張性・柔軟性が高いプログラミング言語です。

消費リソースが少ない

Go言語は、Javaなどの他プログラミング言語と比べても少ない消費リソースで処理することが出来ます。

これは先ほどメリットで出た『処理速度が速い』で説明したコンパイルが関係しています。

Javaの場合は、コードを機械語へコンパイルするためには仮想マシンを通すような二段階方式になっていますが、それに対しGo言語は、直接機械語へコンパイルできるためその分、高速かつ消費リソースを抑えることが出来ます。

シンプルな記述

Go言語は、シンプルな設計になっています。その為少ないコード量でコーティングできますので、結果的にミスを防ぎやすくなっています。

またライブラリなどを活用することで、よりシンプルさを実現できます。

シンプルであることで、ある程度プログラミング言語の経験があれば比較的Go言語初学者でも学習しやすい言語です。

可読性が高い

Go言語でコーティングをする時は、厳格なルールが存在します。

一見自由度が低いように感じるかもしれませんが、これにより誰が書いてもある程度同じような構文にすることが出来ます。それにより可読性が高まり、バグの早期発見などメンテナンス性も優れています。

Google社で開発された言語

Go言語は、Google社によって開発されており、Google社製品でしばしば活用されているプログラミング言語です。

そのため、比較的新しい言語ではありますが、実績としても十分で今後の将来性という面でも高いと言えるでしょう。

Go言語のデメリット

Go言語のデメリットはこちらです。

  • Genericsの機能がない
  • 継承がない
  • 例外処理がない
  • 情報量が少ない

Genericsの機能がない

Go言語には、Generics(ジェネリクス)が存在しません。

Genericsとは、具体的なデータ型に直接依存することなく、抽象的で汎用的なコードの記述を可能にすることができるプログラミング言語の機能です。

JavaやC++、Typescriptなどには、この優秀なGenerics機能がありますが、Go言語にはありません。

保守性の高くシンプルな設計を実現するためにGo言語では、この機能を排除しています。

継承がない

Go言語には、オブジェクト指向型のプログラミング言語にある継承がありません。

継承とは、簡単に言うとプログラミングコードを再理由する方法の一つです。

ただこの継承は有益な場合もありますが、必ずしも必要な機能ではありません。

また、実質同じ役割を果たすたえのEmbedという機能がGo言語にはあります。
この継承が当たり前と感じていた人にはデメリットに感じるでしょう。

例外処理がない

Go言語には例外処理はありません。

例外処理とは、想定内のエラーに対しての処理のことです。

基本的に例外処理は、書かないことが理想なので、大きなデメリットとは言えないでしょう。

ただ社内の数人しか使用しないようなエラーハンドリングの必要性が低いシステムや正常系だけのプロトタイプなどの開発の場合は、例外処理がある方が良いケースもあります。

情報量が少ない

Go言語は、比較的新しい言語ですし、まだまだ需要が高い訳ではありませんので情報量という面ではやや劣っています。

Go言語を使用していて行き詰った時やこれから勉強しようと考えている人には、デメリットとなるでしょう。

Go言語でできること

Go言語は、基本的にWeb系の開発でサーバーサイドやバックエンドで活躍するエンジニアに使用されるケースが多いです。

実際にGo言語が使用されているサービスで見ると、日本では『メルカリ』や『Cookpad』などのサービスに使用されており、世界で見てもGoogle社のサービスである『GoogleMap』や『YouTube』などに使用されている実績があります。

そんなGo言語ですが、どのような領域や案件で活躍できるのか?Go言語のできることを紹介します。

  • サーバーの構築
  • アプリケーション開発

サーバーの構築

Go言語では、net/httpパッケージを提供しており、これを活用することで簡単にWebサーバーを構築することが出来ます。

案件としては、Google社が提供するクラウドサービスであるGAE(Google App Engine)を使いアプリケーションを提供している企業では、Go言語を活用し開発をしているケースがあります。

またWebサーバー以外にも、並行処理に長けている理由からAPIサーバーの開発案件でもGo言語を使用されるケースがあります。

その際には、Dockerと呼ばれる比較的新しい技術の経験や知識も求められていることが多いです。

アプリケーション開発

先ほどGo言語が使用されているWebサービスを紹介したように、Go言語はWebサービスやプラットフォームなどのアプリケーション開発でサーバーサイド言語として使用されています。

またWebアプリケーションだけではなく、モバイルアプリの開発をすることも出来ます。

モバイルアプリと言えば、AndroidアプリであればKotlinやiOSアプリであればSwiftが使われることが多いですが、実際にGo言語が使用されている案件もあります。

Go mobileというモバイルアプリ開発に必要なツール群を活用することで、快適にモバイルアプリ開発ができ、Android,iOSの両方に対応できます。

またGo言語だけを使用するのではなく、KotlinやSwiftなどの他モバイルアプリ開発言語と併用して使われるケースもあります。

Go言語のおすすめフレームワーク

それではGo言語を扱うエンジニアであれば知っておきたいおすすめのフレームワークを紹介します。

  • Echo
  • Revel
  • Gin
  • Beego
  • Goji
  • iris

それではそれぞれの特徴を簡単に紹介していきます。

Echo

Echo(エコー)は、Go言語の軽量なWebアプリケーションフレームワークで、『REST API』に向いており、高速で、拡張性及びカスタマイズ性の高いという点が挙げられます。

REST APIとは、REST(REpresentational State Transfer)という原則に従って構築された、外部からWebシステムを呼び出すためのプログラムのことです。

基本的にはAPIサーバーを構築するために使用されるケースが多いですが、Go言語のhtml/templateというパッケージを使用することでWebアプリケーションの開発も可能です。

Echoは、2015年に登場した比較的新しいフレームワークで、後述説明するGo言語フレームワークの中で高速で有名であった『Gin』よりもパフォーマンスが高いと言われています。

Revel

Revel(レヴェル)は、Go言語のフルスタックなWebアプリケーションフレームワークで、Rubyの代表的なフレームワークである『Ruby on Rails』やJava/Scalaの代表的なフレームワークである『Play』などから影響を受けて開発されています。

Webアプリケーション開発に必要な機能は一通り揃っており、その分野で活躍できるフレームワークで、大小問わず様々な規模の開発に対応できるハイパフォーマーのフレームワークです。

日本の企業でもGo言語を使ってWebサービスやアプリケーションを開発する時には、このRevelを使用されるケースがあります。

また開発に影響を受けたフレームワーク同様に、RevelもMVCモデルである為、他言語のMVCフレームワークを使用した経験のある方には、比較的親しみやすいフレームワークとなっていますし、フルスタックであるためGo言語自体を学ぶには最適と言えるでしょう。

Gin

Gin(ジン)は、Go言語の軽量なWebアプリケーションフレームワークで、Go言語登場の初期からある『Martini』というWebアプリケーションフレームワークを元に、それより高速なパフォーマンスを発揮できるよう設計されています。そしてそのMartiniより約40倍の高速な処理が可能となっています。

また昔から人気の高いフレームワークの1つで、Go言語を使う案件の中ではGinを使用しているケースは多い傾向にあります。

Ginは、パフォーマンスと生産性の高さや脆弱性に対しても強く、APIを開発したり堅牢なWebアプリケーションの開発にも向いています。

現状は需要としても高いようですので、Go言語を扱うエンジニアとしてGinを学ぶメリットは高いでしょう。

Beego

Beego(ビーゴ)は、Go言語のWebアプリケーションフレームワークで、ドキュメントが充実しており、簡単なWebアプリケーションであればBeegoのみで開発することが出来ます。

また自動テスト機能やRESTfulサポートなど、万能型のフレームワークとして定評があり、APIやアプリケーションの開発をより効率的にしてくれます。

大手スマートフォンメーカーのファーウェイなどで使用されており、Beegoの公式サイトでは中国系の企業のロゴが並んでいるなど中国の有名な大企業で広く使用されているフレームワークです。

Goji

Goji(ゴジ)は、Go言語の軽量なWebアプリケーションフレームワークです。

net/httpとの互換性があり、機能を最小限にしているためカスタマイズ性の高さやシンプルな設計に特徴があります。

大規模な開発には不向きで、マイクロサービスなど中小規模の開発に向いているフレームワークです。

iris

iris(アイリス)は、オープンソースのGo言語の軽量なWebアプリケーションフレームワークで、Webアプリケーションフレーワークの中で最速と謳っています。

スマートフォンやデスクトップ、Webサーバーなど様々な環境で高いパフォーマンスを発揮することができ、強い癖もなくドキュメントも充実しているため初学者であっても比較的学びやすい、おすすめのフレームワークです。

Go言語エンジニアにおすすめの資格

現在Go言語に関わる直接的な資格はなく、Go言語の技術を証明するためには経験や知識が重要になってくるでしょう。またGo言語が活躍するサーバーサイドエンジニア領域で役立つ資格を取得するのがおすすめです。

ただ、Google Developer Expert(Go)というものがあるようです。

詳細はあまり分からないですが、Google社員からの紹介やGoogle Developer Expertからの紹介でそのプログラムに参加することができるようで、それを卒業することでそれを得ることが出来ます。

そもそもの門が狭いので、興味のある方は調べてみてください。

Go言語の勉強方法

Go言語を勉強するためにおすすめの参考書やプログラミングスクールを紹介します。

また『Gopher道場』というものもありますので、そちらも合わせて簡単に紹介していきます。

Gopher道場

Gopher道場は、メルカリ/メルペイに所属しており、先ほど資格のところで説明したGoogle Developer Expert(Go)の方が運営しているGo言語を学べる場です。

これまでは無料で実施されているようで、Go言語を学んでいきたい方にはおすすめです。

公式サイト:https://gopherdojo.org/

Go言語を学ぶのにおすすめの参考書

Go言語を学ぶのにおすすめの参考書はこちらです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スターティングGo言語 (CodeZine books) [ 松尾愛賀 ]
価格:3278円(税込、送料無料) (2020/10/27時点)



Go言語を学ぶのにおすすめのプログラミングスクール

Go言語を学ぶのにおすすめのプログラミングスクールはこちらです。

Go言語案件の単価相場

それではGo言語を習得すれば、どれくらい稼げるのか?まずはGo言語案件の単価相場を紹介していきます。

Go言語案件の単価のボリュームゾーンは、80万円台となっており、次いで60万円台、70万円台となっている状況です。

ですので、Go言語案件の単価相場としては、60~80万円台となっています。

またこのグラフを見る限り、90万円台以上の案件も多く、Go言語は比較的高単価を目指せるプログラミング言語であるようです。

Go言語案件の平均単価と中央値

2019年度のGo言語案件の『平均単価』『平均Min単価』『平均Max単価』『中央値』はこのようになっています。

Go言語案件の平均単価は73万円で、中央値は75万円です。

Go言語案件は半数以上が、75万円以上の案件となっており、平均で見ても70万円を超えている状況です。

Go言語案件のミニマムの平均単価は65万円で、マックスの平均単価は77万円となっています。

これらの数字を見てもGo言語は非常に高単価です。

Go言語案件の単価相場の推移

Go言語案件の単価相場の年推移はこのようになっています。

2015~2019年までで、年ごとに単価相場にはバラツキがあるようですが、どの年も大体60万円台or80万円台がボリュームゾーンになっているようです。

ただ2015年を除いて全体的に、高単価の案件が多い傾向にあるようで、このグラフからもGo言語が稼げるプログラミング言語であることが分かります。

また2019年だけでいうと、圧倒的に80万円台の割合が高くなっていますので、現時点でGo言語の単価相場は80万円台と見ても良いかもしれません。

最後に

Go言語は、今非常に帯びている言語の一つで、日本でも需要の広がりを見せています。

また単価相場や平均単価のデータからも分かるように、比較的高額な案件が多い傾向にあり、稼げるプログラミング言語となっています。

非常に優秀な言語で、需要も伸びており、そして稼げる言語ですので、興味のある方は今のうちに学んでみるのが良いでしょう。