JavaScript案件の単価相場と平均単価

案件単価相場

人気の高いプログラミング言語の1つであるJavaScript今ではフロントエンド側の開発には欠かせない言語となっています。

またJavaScriptのフレームワークの一つであるNode.jsの登場により、サーバーサイド(バックエンド)側でもJavaScriptの活躍の場は広がっております。

今回はそんなJavaScript案件の単価相場と平均単価を紹介していきます。

JavaScript案件の単価相場

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: JavaScript.png

JavaScript案件の単価相場は60万円台となっており、次いで70万円台となっています。

人気トップクラスのプログラミング言語ではありますが、かなり高単価という訳ではありませんが、60~70万円台の単価は出ると想定して問題ないでしょう。

またJavaScriptは、多くのWebサービスの開発で採用されていますので、案件自体も非常に多くかなりニーズの高いプログラミング言語です。

ただJavaScriptを扱うことが出来るエンジニアも豊富なため、JavaScriptのエンジニアとしてより高単価な案件へ参画するためには、経験やフレームワークなど+αのスキルが必要になってくるでしょう。

JavaScript案件の平均単価と中央値

2019年のJavaScript案件の「平均単価」「平均Min単価」「平均Max単価」「中央値」はこちらです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: JavaScript単価-2.png

JavaScript案件の平均単価は、73万円でJavaScript案件の中央値は、65万円となっています。

より細かい相場だと60万円台後半~70万円台前半になりそうです。

またJavaScript案件のミニマムの平均単価は、60万円でJavaScript案件のマックスの平均単価は、78万円となっています。

JavaScriptはマックスになると80万円台近くを目指せる言語であることが分かります。

JavaScriptエンジニアが単価を上げるためには?

前述でも説明した通り、JavaScriptを扱えるエンジニアはかなり多いです。また最近ではWebデザイナーがJavaScriptを扱うことも珍しくはありません。

そのためJavaScriptを磨き続けるだけでは、単価を上げていくには厳しいでしょう。

ではどうすればJavaScriptエンジニアが単価を上げられるのでしょうか?

JavaScriptエンジニアが単価を上げるためにはフレームワークを習得

JavaScriptには代表的なフレームワークが豊富にあります。

  • AngularJS
  • Vue.js
  • jQuery
  • React.js
  • Node.js

JavaScriptエンジニアは、これらの中から開発用途に合わせて習得していき単価を上げていくのが良いでしょう。

使えるフレームワークが多ければ働ける現場の選択肢も増えますし、JavaScriptエンジニアとしての価値も高まります。

Webデザイン側の能力を高める

フレームワークを習得する以外には、Webデザイン領域の知見や能力を高める方法があります。基本的にJavaScriptはフロントエンド側で使用されるプログラミング言語です。

そのためUI/UXやデザインを意識せざるを得ないポジションでもあります。
もしそのような領域も含めて一人称で開発・デザインが出来れば案件の幅も広がり、高単価な案件の獲得に繋げられる可能性が高まります。

ただWebデザイナーがJavaScriptを習得しているケースも増えてきているので、いづれはデザインとJavaScriptが出来る人材というのは増えてくるでしょう。

最後に

今回JavaScript案件の単価相場と平均単価をご紹介しましたが、今後JavaScriptを学んでいきたいエンジニアや今JavaScriptを使って活躍しているエンジニアの方にはぜひ参考にしていただければと思います。

JavaScriptは、人気・需要ともに非常に高い言語で今後も欠かせない言語です。
また多くの現場で使用されている言語ですし、最近ではサーバーサイド側でも活躍できる言語ですので、JavaScriptをメインに扱わないエンジニアであっても知見があると役に立つでしょう。

【JavaScript入門】JavaScriptエンジニアにおすすめの資格と勉強方法について
https://freelance-attack.work/column/javascript/

JavaScript案件の需要と将来性をデータを元に解説
https://freelance-attack.work/column/javascript-future/