【JavaScriptがわかる】JavaScriptの特徴や単価相場、将来性などが分かるJavaScript入門書

初心者

今回はプログラミング言語全体で圧倒的な人気のあるJavaScriptについて、おすすめの資格や勉強方法、JavaScript案件の単価相場や将来性を初心者向けに紹介していきます。

  • JavaScriptとは何か?
  • JavaScriptエンジニアにおすすめの資格は?
  • JavaScriptを習得できればどれくらい稼げるのか?
  • JavaScriptの将来性は高いのか?

などの疑問に応えられるようデータを交えて解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

JavaScriptとは

JavaScriptは1995年にブレンダン・アイク氏により開発された、プログラミング言語です。

今では多くのWebサービスで使用されており、Webページの動的な部分には、ほぼこのJavaScriptが使われています。ユーザーの満足度を高めるためには、UI/UXのデザインは重要でそのためにもJavaScriptは必要不可欠です。

またWebサービスのフロント部分のみならず、スマートフォンのアプリ開発やサーバーサイド側の開発にも使用されるなど、ますますJavaScriptの活躍の場は広がってきている状況です。

ただ多くのJavaScript案件は、Webデザインやフロント側の開発に携わるものになりますので、JavaScriptを習得していこうと考えているのであれば、それらを念頭に学んでいくのが良いでしょう。

またフロント側の開発で活躍していくためには、JavaScriptだけではなくHTMLやCSSといった言語も学んでおく必要がありますので、それらも含めて習得することを前提としてJavaScriptエンジニアを目指すことをおすすめします。

JavaScriptは非常に人気の高く、需要のある言語です。ぜひ学んでみましょう。

それではJavaScriptエンジニアのおすすめの資格やJavaScriptの勉強方法について紹介していきます。

JavaScriptエンジニアにおすすめの資格

JavaScriptエンジニアとして活躍していきたい人にとっておすすめな資格は2つです。

  • CIW JavaScript スペシャリスト
  • HTML5プロフェッショナル認定試験

CIW JavaScript スペシャリスト

CIWとは、Certified Internet Web Professionalの略で、IT技術者向けの国際資格です。JavaScript以外にもWebデザインやWeb開発、セキュリティなど様々な資格の種類があります。

その中でもJavaScriptエンジニアに人気なのが、CIW JavaScript スペシャリストの資格です。

特に階級などは無く受験資格もありません。誰でも受けることのできる資格となります。

ただJavaScript開発の実践で必要な知識やスキルが必要となるため、初心者には少々難しい資格となっています。その分国際資格ということもあり、資格自体の評価も高く自身のJavaScriptエンジニアとしての価値を高められる資格ではあります。

その他の特徴としては、米ドルで150ドルほどの受験料が掛かるので少し高く、出題は英語で行われますので注意する必要があります。

HTML5プロフェッショナル認定試験

HTML5プロフェッショナル認定試験は、名前にこそHTMLと書かれておりますが、HTMLとCSS、JavaScriptなどのマークアップに関する知識やスキルが必要な試験で、JavaScriptエンジニアとして取っておきたい資格の一つです。

階級は2つに分かれています。

  • レベル1:HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1
  • レベル2:HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2

レベル1は、HTMLとCSSを使ってのWebコンテンツのデザインや制作が出来るレベルの方向けの資格で、レベル2は、それに加えJavaScriptや最新のマークアップ技術を必要とする資格です。

ただ受験資格自体は特にありませんが、レベル2の認定を得るためには、レベル1とレベル2の両方に合格する必要があるためJavaScriptエンジニアであれば、両方を受験し合格する必要があります。

それぞれの受験料は15,000円(税別)と人によっては高く感じるかもしれませんが、Webデザイン側の開発をしたいJavaScriptエンジニアとしてはかなりおすすめで、勉強をサポートしてくれるためのイベントやセミナーなどもありモチベーション高く取り組みことが出来ます。


JavaScriptの勉強方法

JavaScriptであれば大抵フロント側の開発に携わることが多いですし、求人や案件自体もその傾向にあります。

特にJavaScriptを使ってサーバーサイド側の開発をしたいという要望がなければ、フロント開発という領域を念頭において勉強をしていくので問題はないでしょう。

ただ実際に現場で働くには、JavaScript単体ではなくHTMLやCSS、もしくはJavaScriptのフレームワークの習得は必要となってきますので、ご注意ください。

JavaScriptの勉強方法としては大きく2つです。

  • 書籍
  • プログラミングスクール

書籍でJavaScriptを学ぶ

まず単純にJavaScriptを学ぶのであれば、初心者向けのJavaScriptの書籍を見ていくのが良いでしょう。そして資格の取得を目指すのであれば、それぞれの資格の参考書も一緒に購入し勉強していくのがおすすめです。

ただJavaScriptを学んだからと言って、それだけでは案件や仕事がある訳ではありません。フロント側の開発であればJavaScriptとセットでHTMLやCSSが必要となりますし、JavaScriptメインでエンジニアを目指すのであればそれに関わるフレームワークの知見が必要となります。

そのためJavaScriptと使ってどの領域を開発するかによって、別のスキルを習得する必要がありますので、それらも含めた書籍の購入や勉強をおすすめします。

おすすめの参考書



プログラミングスクールでJavaScriptを学ぶ

書籍での勉強に抵抗があるのであれば、プログラミングスクールでJavaScriptを学ぶのが良いでしょう。

その際の注意点としては、JavaScriptのみではなかなか仕事を見つけることが出来ないので、折角お金を払うのであれば、JavaScript以外にもHTMLやCSSまで学べる環境があるプログラミングスクールがおすすめです。

さらに欲を言えばJavaScriptのフレームワークが学べる環境があればなお良いでしょう。

おすすめのプログラミングスクール

JavaScript案件の単価相場

JavaScript案件の単価相場は60万円台となっており、次いで70万円台となっています。

人気トップクラスのプログラミング言語ではありますが、かなり高単価という訳ではありませんが、60~70万円台の単価は出ると想定して問題ないでしょう。

またJavaScriptは、多くのWebサービスの開発で採用されていますので、案件自体も非常に多くかなりニーズの高いプログラミング言語です。

ただJavaScriptを扱うことが出来るエンジニアも豊富なため、JavaScriptのエンジニアとしてより高単価な案件へ参画するためには、経験やフレームワークなど+αのスキルが必要になってくるでしょう。

JavaScript案件の平均単価と中央値

2019年のJavaScript案件の「平均単価」「平均Min単価」「平均Max単価」「中央値」はこちらです。

JavaScript案件の平均単価は、73万円でJavaScript案件の中央値は、65万円となっています。

より細かい相場だと60万円台後半~70万円台前半になりそうです。

またJavaScript案件のミニマムの平均単価は、60万円でJavaScript案件のマックスの平均単価は、78万円となっています。

JavaScriptはマックスになると80万円台近くを目指せる言語であることが分かります。

JavaScriptエンジニアが単価を上げるためには?

前述でも説明した通り、JavaScriptを扱えるエンジニアはかなり多いです。また最近ではWebデザイナーがJavaScriptを扱うことも珍しくはありません。

そのためJavaScriptを磨き続けるだけでは、単価を上げていくには厳しいでしょう。

ではどうすればJavaScriptエンジニアが単価を上げられるのでしょうか?

JavaScriptエンジニアが単価を上げるためにはフレームワークを習得

JavaScriptには代表的なフレームワークが豊富にあります。

  • AngularJS
  • Vue.js
  • jQuery
  • React.js
  • Node.js

JavaScriptエンジニアは、これらの中から開発用途に合わせて習得していき単価を上げていくのが良いでしょう。

使えるフレームワークが多ければ働ける現場の選択肢も増えますし、JavaScriptエンジニアとしての価値も高まります。

Webデザイン側の能力を高める

フレームワークを習得する以外には、Webデザイン領域の知見や能力を高める方法があります。基本的にJavaScriptはフロントエンド側で使用されるプログラミング言語です。

そのためUI/UXやデザインを意識せざるを得ないポジションでもあります。
もしそのような領域も含めて一人称で開発・デザインが出来れば案件の幅も広がり、高単価な案件の獲得に繋げられる可能性が高まります。

ただWebデザイナーがJavaScriptを習得しているケースも増えてきているので、いづれはデザインとJavaScriptが出来る人材というのは増えてくるでしょう。

データで見るJavaScript案件の将来性

昔から人気の高い言語ということもあり2015年から2019年まで大きな変動はなく、どのグラフも同じ形をしています。

単価相場で見るとどの年代も60万円台が相場となっており、次いで70万円台の割合が高い傾向にあります。

やはりJavaScript案件の需要・将来性という点で見ると今後も安泰なのではないかと予測されます。

2019年以降は需要(高単価な案件)が増加

そして2019年より70万円台や80万円台以降の高単価の案件の割合が増えている状況です。

もちろん2015年から16年17年と一度高単価の案件の割合が下がって、再び増加傾向に転じているという点を考えれば、2020年以降一度下がる可能性もない訳ではありません。

ただ80万円台以上のJavaScript案件の割合は、他年代と比べ高い傾向にありますし、90万円台に注目すると年々増加しています。

つまり単純にJavaScriptだけを扱えるエンジニアであれば、将来性に不安定な部分もあるかもしれませんが、JavaScriptエンジニアとしてその他の技術に加え高い能力があれば、需要・将来性ともに高いのではないかと考えられます。

この背景を考えるとJavaScriptエンジニアとして価値を高めていくためには、スキルの拡張は必須であり、そしてそれが単価という目に見える結果に繋がるのかもしれません。

JavaScript案件の推移データを見ての考察

やはりJavaScriptは人気があり、需要や将来性ともに安定しているのではないかと思います。

しかし低単価な案件の割合が下がり、反対に高単価な案件の割合が増えていることを考えると、より高いレベルのJavaScriptエンジニアのニーズが高まっているのではないでしょうか。

実際今では、Webデザイナーの領域で活躍する人たちがJavaScriptを習得する傾向にあり、JavaScriptのフレームワークを必要とする案件も増えていきています。

またNode.jsによりJavaScriptはサーバーサイド側でも活躍できる言語となっており、活躍の場が増しています。

これらを考えるとグラフの推移は必然的な動きであるように思えますし、どのプログラミング言語でもいえることではありますが、JavaScriptエンジニアとして

今後も活躍していくのであれば、スキルの拡張は必須でしょう。
でなければ人気の高いJavaScriptであっても低単価な案件の参画にとどまってしまう可能性が高いです。

JavaScriptは多くのエンジニアやデザイナーにとって知っておきたいプログラミング言語ですが、その領域で活躍していくためにはJavaScript以外の言語やフレームワーク、スキルの習得も念頭に置いておくのが良いでしょう。

最後に

JavaScriptは、Webデザイナーやフロント開発はもちろんサーバーサイド側の開発にも使用でき、非常に幅広く活躍できるプログラミング言語です。また人気も高く多くの現場で使用されています。

これからエンジニアを目指していこうと考えている方にはおすすめの言語と言えるでしょう。

JavaScriptはどのような開発ができるのかをしっかり認識し、自身の目指すポジションになるためにはどう勉強し、+αで何のスキルを習得すべきなのか道筋を立ててJavaScriptエンジニアを目指してください。

実際にJavaScriptとその他のスキルセットでどれくらいの単価を目指せるのかなども参考にしてみてください。