【JavaScript入門】JavaScriptエンジニアにおすすめの資格と勉強方法について

初心者

JavaScriptとは

JavaScriptは1995年にブレンダン・アイク氏により開発された、プログラミング言語です。

今では多くのWebサービスで使用されており、Webページの動的な部分には、ほぼこのJavaScriptが使われています。ユーザーの満足度を高めるためには、UI/UXのデザインは重要でそのためにもJavaScriptは必要不可欠です。

またWebサービスのフロント部分のみならず、スマートフォンのアプリ開発やサーバーサイド側の開発にも使用されるなど、ますますJavaScriptの活躍の場は広がってきている状況です。

ただ多くのJavaScript案件は、Webデザインやフロント側の開発に携わるものになりますので、JavaScriptを習得していこうと考えているのであれば、それらを念頭に学んでいくのが良いでしょう。

またフロント側の開発で活躍していくためには、JavaScriptだけではなくHTMLやCSSといった言語も学んでおく必要がありますので、それらも含めて習得することを前提としてJavaScriptエンジニアを目指すことをおすすめします。

JavaScriptは非常に人気の高く、需要のある言語です。ぜひ学んでみましょう。

それではJavaScriptエンジニアのおすすめの資格やJavaScriptの勉強方法について紹介していきます。

JavaScriptエンジニアにおすすめの資格

JavaScriptエンジニアとして活躍していきたい人にとっておすすめな資格は2つです。

  • CIW JavaScript スペシャリスト
  • HTML5プロフェッショナル認定試験

CIW JavaScript スペシャリスト

CIWとは、Certified Internet Web Professionalの略で、IT技術者向けの国際資格です。JavaScript以外にもWebデザインやWeb開発、セキュリティなど様々な資格の種類があります。

その中でもJavaScriptエンジニアに人気なのが、CIW JavaScript スペシャリストの資格です。

特に階級などは無く受験資格もありません。誰でも受けることのできる資格となります。

ただJavaScript開発の実践で必要な知識やスキルが必要となるため、初心者には少々難しい資格となっています。その分国際資格ということもあり、資格自体の評価も高く自身のJavaScriptエンジニアとしての価値を高められる資格ではあります。

その他の特徴としては、米ドルで150ドルほどの受験料が掛かるので少し高く、出題は英語で行われますので注意する必要があります。

HTML5プロフェッショナル認定試験

HTML5プロフェッショナル認定試験は、名前にこそHTMLと書かれておりますが、HTMLとCSS、JavaScriptなどのマークアップに関する知識やスキルが必要な試験で、JavaScriptエンジニアとして取っておきたい資格の一つです。

階級は2つに分かれています。

  • レベル1:HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1
  • レベル2:HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2

レベル1は、HTMLとCSSを使ってのWebコンテンツのデザインや制作が出来るレベルの方向けの資格で、レベル2は、それに加えJavaScriptや最新のマークアップ技術を必要とする資格です。

ただ受験資格自体は特にありませんが、レベル2の認定を得るためには、レベル1とレベル2の両方に合格する必要があるためJavaScriptエンジニアであれば、両方を受験し合格する必要があります。

それぞれの受験料は15,000円(税別)と人によっては高く感じるかもしれませんが、Webデザイン側の開発をしたいJavaScriptエンジニアとしてはかなりおすすめで、勉強をサポートしてくれるためのイベントやセミナーなどもありモチベーション高く取り組みことが出来ます。


JavaScriptの勉強方法

JavaScriptであれば大抵フロント側の開発に携わることが多いですし、求人や案件自体もその傾向にあります。

特にJavaScriptを使ってサーバーサイド側の開発をしたいという要望がなければ、フロント開発という領域を念頭において勉強をしていくので問題はないでしょう。

ただ実際に現場で働くには、JavaScript単体ではなくHTMLやCSS、もしくはJavaScriptのフレームワークの習得は必要となってきますので、ご注意ください。

JavaScriptの勉強方法としては大きく2つです。

  • 書籍
  • プログラミングスクール

書籍でJavaScriptを学ぶ

まず単純にJavaScriptを学ぶのであれば、初心者向けのJavaScriptの書籍を見ていくのが良いでしょう。そして資格の取得を目指すのであれば、それぞれの資格の参考書も一緒に購入し勉強していくのがおすすめです。

ただJavaScriptを学んだからと言って、それだけでは案件や仕事がある訳ではありません。フロント側の開発であればJavaScriptとセットでHTMLやCSSが必要となりますし、JavaScriptメインでエンジニアを目指すのであればそれに関わるフレームワークの知見が必要となります。

そのためJavaScriptと使ってどの領域を開発するかによって、別のスキルを習得する必要がありますので、それらも含めた書籍の購入や勉強をおすすめします。

おすすめの参考書



プログラミングスクールでJavaScriptを学ぶ

書籍での勉強に抵抗があるのであれば、プログラミングスクールでJavaScriptを学ぶのが良いでしょう。

その際の注意点としては、JavaScriptのみではなかなか仕事を見つけることが出来ないので、折角お金を払うのであれば、JavaScript以外にもHTMLやCSSまで学べる環境があるプログラミングスクールがおすすめです。

さらに欲を言えばJavaScriptのフレームワークが学べる環境があればなお良いでしょう。

おすすめのプログラミングスクール

最後に

JavaScriptは、Webデザイナーやフロント開発はもちろんサーバーサイド側の開発にも使用でき、非常に幅広く活躍できるプログラミング言語です。また人気も高く多くの現場で使用されています。

これからエンジニアを目指していこうと考えている方にはおすすめの言語と言えるでしょう。

JavaScriptはどのような開発ができるのかをしっかり認識し、自身の目指すポジションになるためにはどう勉強し、+αで何のスキルを習得すべきなのか道筋を立ててJavaScriptエンジニアを目指してください。

実際にJavaScriptとその他のスキルセットでどれくらいの単価を目指せるのかなども参考にしてみてください。

JavaScript案件の単価相場と平均単価
https://freelance-attack.work/column/javascript-marketprice/

JavaScript案件の需要と将来性をデータを元に解説
https://freelance-attack.work/column/javascript-future/