Kotlin案件の単価相場と平均単価

案件単価相場

Kotlinは、2019年Google I/Oで、Androidアプリ開発の推奨言語として発表されました。それによりKotlinでのAndroidアプリ開発はどんどん増えている状況です。

また最近ではサーバーサイド側でもKotlinを活用するような動きも出てきています。

今回はそんな今人気の高まっているKotlinの単価相場と平均単価を紹介します。

Kotlin案件の単価相場

Kotlin案件の単価相場は80万円台となっています。次いで70万円台、60万円台と並んでいます。

全体的に見てもKotlin案件は高単価の案件の割合が多いようです。

やはりKotlin案件の需要はかなり高いのでしょう。そして稼げる言語といっても過言ではなさそうです。

Kotlin案件に高単価が多い理由

Kotlin案件の単価相場が高くなっている要因は、Androidアプリ開発の推奨言語であるため、単純にKotlinの需要が高いという理由もあるとは思いますが、日本におけるKotlinのエンジニアがまだまだ少ないという要因も考えられそうです。

GoogleがKotlinをAndroidアプリ開発の推奨言語として発表したのも2019年ですし、そこから数年しか経っていないので仕方がないことですが、人材数の少なさが獲得競争に拍車をかけ単価も上昇しているのではないかと思います。

またそういったこともあり日本でのAndroidアプリ開発には、まだまだJavaが使われることも多いです。

しかし今後Androidアプリ開発は、日本でもKotlinが主流になってくることは必然ですし、今後Kotlinエンジニアも増加してくるでしょう。そうなるともう少し単価相場が落ち着いてくる可能性はあるかもしれません。

Androidアプリ開発エンジニアとして高単価を目指したいのであれば、Kotlinの習得をおすすめします。

Kotlin案件の平均単価

2019年のKotlin案件の「平均単価」「平均Min単価」「平均Max単価」「中央値」はこちらです。

Kotlin案件の平均単価は、82万円で、Kotlin案件の中央値は、80万円となっています。

前述の相場グラフからも分かるように、Kotlinは平均で80万円以上を狙える言語であり、半数以上は80万円以上の案件があることが分かります。

またKotlin案件のミニマムの平均単価は、71万円で、Kotlin案件のマックスの平均単価は、86万円となっています。

低くとも平均で70万円台を狙える需要の高い(高単価の多い)言語であることがここからも読み取れます。

Kotlinエンジニアが単価を上げるためには?

Kotlinエンジニアは既に現時点でかなりの高単価であることが分かります。

それではさらにKotlinエンジニアとして単価を上げるためにはそうすれば良いのでしょうか?

Kotlinでの開発経験を増やす

Kotlinは2011年に登場した比較的新しい言語で、Androidアプリ開発の推奨言語となったのも数年前です。

そのためKotlinでの開発経験が豊富であったとしても10年未満です。

つまりKotlinの開発経験が豊富にある事は、Androidアプリ開発エンジニアとして十分差別化できるポイントです。

当たり前のことではありますが、Kotlinでの開発経験が増えればより高単価は目指せるでしょう。

サーバーサイドの開発経験や知見

KotlinはAndroidアプリ開発の推奨言語であると同時に、Javaとの互換性が高い言語でもあるためサーバーサイド開発への対応も進められています。

今Kotlinエンジニアとして活躍できるメイン案件は、Androidアプリ開発ですが、今後サーバーサイド開発でも増えてくることが想定されます。

そのためサーバーサイド側での開発経験や知見があることで、Kotlinエンジニアとしての活躍の場は広がります。

Androidアプリ開発も出来てサーバーサイド側での開発も出来る。となればKotlinエンジニアとして大きな価値が得られるでしょう。

iOSアプリ開発スキル

Androidアプリ開発のプロジェクトがあれば、iOSアプリ開発のプロジェクトは大抵あると考えて良いでしょう。そのためAndroidかiOSの片方だけ出来るエンジニアよりは、両方できるエンジニアの方が需要が高いのは当然です。

もちろん紹介しているグラフや表からも分かるようにAndroidアプリ開発だけ出来るエンジニアであっても高単価は目指せますが、同時にiOSアプリも出来れば多くの企業のニーズに応えることが出来ます。

Objective-CやSwiftと言ったiOSアプリ開発の言語を同時に学ぶのは大変かもしれませんが、もし余裕があるのであれば目指してみてはいかがでしょうか。

最後に

Kotlinは今かなり勢いのある言語です。そしてJavaの後継言語としてかなり期待されている言語です。

またそれはこれまで説明した、Kotlin案件の単価相場のグラフや平均単価表で示されているそれぞれの数字からも明白です。

今後はAndroidアプリ開発以外でも需要が伸びてきそうな言語ですので、Androidアプリ開発エンジニアがKotlinを習得していくことはもちろんですが、

それ以外のエンジニアであっても注目しておくべき言語と言えるでしょう。
今後もしっかりKotlinの動向に注目していきましょう。

【Kotlin入門】Kotlinエンジニアにおすすめの資格と勉強方法
https://freelance-attack.work/column/kotlin/

Kotlin案件の需要と将来性をデータを元に解説
https://freelance-attack.work/column/kotlin-future/