【Kotlin入門】Kotlinエンジニアにおすすめの資格と勉強方法

初心者

Kotlinとは

Kotlinは、2011年にJavaの改良版として開発されたプログラミング言語です。そのためJavaとの互換性が高く連携しやすい特徴があります。

Kotlinが使用される開発は、主にAndroidアプリ開発で、2019年にはAndroidアプリ開発の推奨言語に採用されております。ただ現状は、まだまだJavaでのAndroidアプリ開発の案件の方が多い傾向にはあります。

またKotlinはAndroidアプリ開発だけではなく、サーバーサイドの開発にも使用されており、その領域でのニーズも高まっています。

将来的には、Androidアプリ開発だけではなく、Webサービス開発など多くの現場でKotlinが使用されることになる可能性も高いでしょう。

Kotlinのメリット

Kotlinの特徴は大きく4つあります。

  • Androidアプリ開発に特化
  • Javaとの高い互換性
  • シンプル
  • 単価と将来性ともに高い

Androidアプリ開発に特化

冒頭でも説明した通りKotlinはAndroidアプリ開発の推奨言語に採用されています。

現時点ではJavaでの開発の方が多い傾向にはありますが、Googleの方針としてKotlinファーストを掲げているため、今後はKotlinが主流にはなってくるでしょう。

推奨言語ということもあり、Android Studioでのサポートもされているので、Androidアプリ開発をするのであればKotlinがおすすめです。

Javaとの互換性

KotlinはJavaの改良版の言語であり、KotlinとJavaとの互換性は100%です。

そのためJavaで開発されたAndroidアプリやWebサービスをJavaからKotlinへ移行するにもスムーズに行うことが出来ます。

またJavaと非常に似ているので、Javaエンジニアにとってはかなり学習しやすい言語です。

シンプル

KotlinはJavaと比較すると非常にシンプルにコードを書くことが可能です。

シンプルであることは、エラーの原因やミスを発見しやすくなるため、管理・運用が非常にしやすいです。

またシンプル故、初心者でも比較的学習しやすい言語でもあります。

単価と将来性ともに高い

Kotlinは人気なプログラミング言語として上位に位置しており、注目されている言語です。

Androidアプリ開発の案件がメインではありますが、単価相場が80万円台とJavaと比較しても非常に高単価です。

Kotlin案件の単価相場と平均単価
https://freelance-attack.work/column/kotlin-marketprice/

さらに現時点ではJavaがメインですが、今後はKotlinがAndroidアプリ開発の言語として主流になっていく可能性は非常に高いため、需要もますます増えていくでしょう。

またAndroidアプリ開発だけでなく、サーバーサイド開発にも使用できるため、様々な領域で使用される言語になることが予測されます。

このようにKotlinは単価と将来性ともに非常に期待されている言語です。

Kotlinエンジニアにおすすめの資格

Kotlinを扱うエンジニアにとっておすすめの資格は3つあります。

  • Associate Android Developer 認定
  • Android技術者認定試験
  • Oracle認定Javaプログラマ

Associate Android Developer 認定

Associate Android Developer 認定は、Googleの認定するAndroidアプリ開発エンジニア向けの資格です。

日本ではまだあまり広まってはいないですが、Androidアプリ開発能力を証明する資格で、Kotlinでの受験をすることが出来ます。

この資格にはKotlinだけではなくJavaの試験もあります。

なお階級等はなく、初級レベルのAndroidアプリ開発のスキルをテストする内容になっています。

ただ現状は、英語での受験になりますので注意が必要です。

Android技術者認定試験

Android技術者認定試験は、Androidアプリ開発エンジニア向けの民間資格です。

直接Kotlinに関わる資格ではないですが、Androidアプリ開発と言えばKotlinであるため、Kotlinを扱うエンジニアにはおすすめの資格と言えます。

資格の階級は大きく2つに分かれており、それぞれに2つのランクが存在します。

  • Androidアプリケーション技術者認定試験:ベーシック/プロフェッショナル
  • Androidプラットホーム技術者認定試験:ベーシック/プロフェッショナル

なお現時点では、それぞれ2つの階級のプロフェッショナルは準備中となっています。

受験料はどちらもベーシックで、15,000円(税抜)となっています。

こちらは世界でも通用する資格であるため、Androidアプリ開発エンジニアを目指す方にとっては取っておきたい資格と言えるでしょう。


Oracle認定Javaプログラマ

Oracle認定Javaプログラマは、Java技術者向けの資格であり、こちらも直接的にKotlinに関わる資格ではありません。

しかし、KotlinとJavaとの互換性が高いという特徴を考えると、JavaからKotlinへの移行などの案件が今後出てくることも想定できますので、Javaの知識を持っておくことに損はないでしょう。

こちらの資格のランクは3つに分かれています。

  • 3級:Bronze(ブロンズ)
  • 2級:Silver(シルバー)
  • 1級:Gold(ゴールド)

Bronzeは、オンライン上で試験が受けられるため気軽に受験することは出来ますが、日本国内のみで効果を発揮する資格であり、Javaエンジニアであれば初心者向けの資格にあたります。

Silverは、受験資格は特になく、Bronzeを飛ばして最初から受験することも可能です。最もランクの高いGoldを受験するためには、Silverの資格が必要となっています。

Javaの知識があることを証明できる資格ではありますので、Kotlinエンジニアをして持っておいても良いかもしれません。


Kotlinの勉強方法

Kotlinを学習するためには方法としては2つです。

  • 書籍
  • プログラミングスクール

Kotlinは初心者であっても入りやす特徴がありますので、他の言語と比較しても書籍から入っても良いかもしれません。

また折角Javaに似ている言語と言うこともありますので、Javaと比較しながら学習しJavaの知識も一緒に加えていく方が、今後の予測されるニーズに対応しやすいでしょう。

書籍でKotlinについて学ぶ

Kotlinを書籍で学ぶには、Kotlinについての参考書はもちろんですが、メインがAndroidアプリ開発なので、それに関わる参考書も一緒に購入して勉強していきましょう。

またJavaに近い言語ですので、Javaも一緒に学習してみても良いかもしれません。

おすすめの参考書

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

やさしいKotlin入門 [ 野崎英一 ]
価格:2640円(税込、送料無料) (2020/8/5時点)



プログラミングスクールでKotlinについて学ぶ

プログラミングスクールでKotlinについて学ぶのも良いでしょう。Androidアプリ開発エンジニア向けのスクールであればKotlinを問題なく受講できるかと思います。

実際に学習しながらアプリを作ったりとより実践に近い形で学ぶためにはプログラミングスクールがおすすめかもしれません。

おすすめのプログラミングスクール

最後に

Kotlinは人気もあり、単価と将来性も高く、今後より需要の高まってくる言語です。

Kotlinエンジニアの人口は世界的に見ても増加傾向にありますが、それでもまだまだ少ない状況ではあります。

そのためこれからKotlinを習得したとしても遅くはないでしょう。Kotlinエンジニアとして高単価を目指してみてください。

Kotlin案件の需要と将来性をデータを元に解説
https://freelance-attack.work/column/kotlin-future/