PHP案件の単価相場と平均単価

案件単価相場

PHPはWebサービスのサーバーサイド開発に使用されることの多い言語として人気です。

また簡単なホームページを作成するためにもしばしばPHPが使われることがあり、代表的なCMSの一つである「WordPress」にもPHPが使用されています。

そんなPHP案件の単価相場と平均単価を紹介していきます。

PHP案件の単価相場

PHP案件の単価相場は60万円台で、次いで70万円台となっています。60~70万円台のボリュームが圧倒的に多い傾向にあります。

80万円台以上の高単価な案件の部分で見ると、全体的に割合としては少ないようですが、案件数自体は豊富にある状況です。

ちなみにW3Techs(ワールドワイドウェブ技術調査)によると、2017年時点でPHPのシェア率は83.1%にも昇っており、多くの企業が開発においてPHPを使用していることが分かります。

PHPの案件は日本でも非常に多く、PHPエンジニアとして活躍できる場に困ることは少ないでしょう。

PHPとJavaの単価相場の比較

サーバーサイド開発で使用される言語として有名なものにJavaがあります。

Web系のJava開発案件の単価相場
https://freelance-attack.work/column/java-development-marketprice/

そのJavaのWeb開発案件と単価相場の比較をしてみると、どちらも60万円台が相場にはなっていますが、70万円台という部分を見るとPHPの方がJavaより数は少ないものの割合は高い傾向にあるようです。

もちろんJavaはサーバーサイド開発以外にも活躍できる場が多くあるため完璧な比較ができる訳ではないですが、単純に単価相場グラフを比較してみると、サーバーサイド開発言語としてはJavaよりPHPの方が稼げる可能性は高いのではないかと思います。

PHP案件の平均単価と中央値

2019年のPHP案件の「平均単価」「平均Min単価」「平均Max単価」「中央値」は紹介します。

PHP案件の平均単価は64万円で、PHP案件の中央値は65万円となっています。このデータからもPHP案件の単価相場が60万円台であることはよく分かります。

またPHP案件のミニマムの平均単価は57万円で、PHP案件のマックスの平均単価は67万円でその差額は10万円となっています。

PHPはWebサービスのサーバーサイド開発に特化している言語ですので、単価に大きな差が発生しないのではないでしょうか。

つまりPHPエンジニアとして単価を上げていくためには、+αのスキルが不可欠ではないのか?という点が見えてきます。

PHPエンジニアが単価を上げるためには?

冒頭でも説明した通り、PHPはWebサービスのサーバサイド開発で使用されることが殆どです。そのため、PHPエンジニアとして単価を上げるためには、PHPをひたすら極めていくよりも+αのスキル習得が好ましいのかもしれません。

PHPエンジニアが単価を上げるための方法は2つです。

  • PHP以外の言語やスキルの習得
  • PHPフレームワークの習得

PHP以外の言語やスキルの習得

PHPエンジニアはサーバーサイド開発がメインになりますので、同様にWebサービスを構築する他の言語やスキルを習得することをおすすめします。

例えば開発ではデータベースの処理を行うこともありますので、データベース管理システムであるMySQLの習得がおすすめです。

MySQLはデータベース管理システムの中でもかなり認知度が高いのでMySQL自体を習得しておくことにメリットがありますし、WordpressはPHPとMySQLが使用されており、PHPとの関連性も高いです。

またフロントエンド開発であればJavaScriptやHTMLがおすすめです。

PHPとJavaScriptはどちらも動的なWebサービスを開発するためには、必要不可欠な言語ですが、それぞれサーバー側とフロント側というようにメインで使用される環境が異なります。

その為それぞれの役割や処理のタイミングなどを理解しておかないと誤った表示や動作の原因になりかねません。

PHPとHTMLの関係性も高いので、フロントエンドの開発であればJavaScriptとHTMLの習得がおすすめです。

PHPフレームワークの習得

PHPエンジニアに関わらず言えることではありますが、フレームワークの習得は重要です。その為PHPエンジニアとして、PHPフレームワークを習得することは自身の価値を高めることが出来ます。

PHPフレームワークの代表的なものはこちらです。

  • Laravel
  • CakePHP
  • Symfony
  • ZendFramework

単価を上げるためにもぜひ習得してみてください。

もちろん、PHPのシェア率はかなり高く、サーバサイド開発だけでも需要はありますが、その他の言語やスキルを合わせて身に着けておくことで、さらに価値は高まるでしょう。

最後に

PHPはサーバーサイド開発において非常に需要の高い言語です。

またPHPは簡単なホームページ作成をすることも出来るため、長期の案件だけでなく単発の案件を獲得することも十分に可能でしょう。

現在は新型コロナウイルスの影響もあり、飲食店などでもホームページをECサイトのような仕組みにし、来店しなくとも自社商品を味わってもらえるような環境に変えている傾向にあります。

もちろんフロントエンド側の知識も必要にはなりますが、PHPエンジニアであればそういったニーズにより対応できるポジションです。

また自身でブログの立ち上げをするなど様々な場面で役立つのがPHPです。

様々な環境やニーズに対応し、より価値のあるPHPエンジニアを目指してみて下さい。

PHP案件の需要と将来性をデータを元に解説
https://freelance-attack.work/column/php-future/