Swiftとは?Swift案件の単価相場や将来性を解説

SKILL プログラミング言語

iPhoneアプリの開発をしたいとなった時、真っ先に浮かんでくるのが『Swift』です。

今回は、Swiftはどれくらい稼げるのか?Swift案件の単価相場や平均単価を紹介していきます。

また、Swiftの将来性はどうなのか?Swiftについてや特徴、Swiftエンジニアにおすすめの資格なども一緒に解説していきますので、Swiftについて知りたい方iPhoneアプリの開発をしたい方などぜひ参考にしてください。

Swift案件の単価相場

Swiftは70万円台の案件が一番多く、次いで60万台の案件が多くなっており、また80万円台の案件も比較的多い傾向にあるようです。

つまりSwift案件の単価相場は60~70万円台で、もう少し広く見ると60~80万円台となるしょう。

年換算すると、Swiftの年収は720~840万円が相場で、960万円も十分可能な金額帯になっています。

また、90万円台以上の案件もあり、Swiftは稼げるプログラミング言語であるようです。

ちなみにフリーランスエンジニア専門エージェントNo.1の『レバテックフリーランス』でSwiftの案件を検索すると、80万円台の案件が圧倒的に多く、次いで70万円台や90万円台が多くなっており、高単価の案件が多いです。(※2021年7月実績)

Swift案件の平均単価と中央値

Swift案件の『平均単価』『平均Min単価』『平均Max単価』『中央値』はこちらです。

Swift案件の平均単価は84万円で中央値は75万円となっており、また、Swiftの案件のミニマム単価の平均は77万円で、マックス単価の平均は87万円となっています。

平均単価で84万円と非常に高水準で、またSwift案件の半数以上は75万円以上となっていることが分かります。

つまり年換算すると、Swiftエンジニアの平均年収は1,000万円超え年収900万円以上の案件が半数を占めていることになります。

ちなみにレバテックフリーランスでSwift案件を検索すると、平均単価が76万円で最高単価は125万円となっており、やはり高単価の案件が多いことが分かります。(※2021年7月実績)

Swift案件の単価相場の動向

Swift案件の単価別案件数の割合いを年単位で見ると、高単価の案件の割合は年々増加傾向にあるようです。

50万円台以下の単価の低い案件は減少傾向にあり、80万円台以上の高単価の案件は増加傾向となっています。

そして、2019年以前は基本的に70万円台のSwift案件が一番多くなっていたのに対し、2019年には80万円台のSwift案件が一番多くなっています。

Swiftが登場したのは2014年で、日本で注目され始めたのは2015年の中頃からですが、全体的に案件の単価が年々上昇傾向にあるなど、たった数年でSwiftは日本で高い需要を確保していることがよく分かります。

Swiftの将来性

高単価の案件も多く高収入が目指せ、年々単価が上昇傾向にあるSwiftですが、将来性はどうなのでしょうか?

結論Swiftの将来性は高いでしょう。

iOSやMacOSでの開発

SwiftはiPhoneアプリやMacで使用するアプリなど、Apple社が提供するiOSやMacOSでの開発に適したプログラミング言語といえばSwift以外に『Objective-C』というものがあります。

どちらもApple社によって運営されていますが、Swiftはプログラミング言語の開発からApple社が行っており、そしてSwiftが登場する前に活躍していたObjective-Cをベースに開発しています。

つまり、SwiftはObjective-Cの改良版の言語です。

そして、Apple社自体もObjective-CではなくSwiftでの開発を押しており、明らかにiPhoneアプリやMacのアプリを開発するにはSwiftの方が適している環境になっています。

実際に、Swiftは登場して7年ほどですが、Objective-Cの案件数よりも多くなっており、需要はすでにSwiftの方が上です。

さらにObjective-CとSwiftには互換性がありますので、より良い言語であるSwiftへ移行していくのは時間の問題でしょう。

スマホアプリの領域自体ニーズは高く今後も安泰であり、そしてその中のiPhoneアプリ開発は、よりSwift案件は増えてくる可能性は大いにありますので、Swiftの将来性も高いと言えるでしょう。

ただ、Swiftエンジニアがどんどん増えてくれば、需要と供給のバランスから単価が少し下がるの可能性もあります。

iOSやMacOS以外での開発

iOSやMacOSでの開発で将来性が高く今後も安泰なのは明白ですが、Swiftはその領域以外でも使用されるケースも出てきています。

例えば、WebアプリケーションやWebサーバーの開発にSwiftを使用することが出来ます。

まだまだSwiftの案件と言えばiPhoneアプリ開発が主流ですが、Swift一つで様々な開発をしていく事がより一般的になれば、Swiftの価値はより高くなります。

そうなるとSwiftの活躍の場は広がり、より将来性は高くなるでしょう。

このように、Swiftは非常に将来性が高いプログラミング言語であることが分かるかと思います。

Swiftとは

Swiftは、高単価で将来性の高いプログラミング言語であることは分かりましたが、そもそもSwiftとは何なのか?どんな特徴があるのか?分からない方向けに解説していきます。

Swiftとは、2014年にiPhoneアプリなどApple製品向けのアプリケーション開発用としてApple社によって開発されたプログラミング言語です。

Swiftが登場する以前からiPhoneアプリ開発を担っていたObjective-Cをベースに開発されており、Objective-Cの良い特徴を引継ぎつつ、コードの分かりづらさなどを悪い点を改良したモダンなプログラミング言語となっています。

iPhoneアプリやMacで使用するアプリ開発に最も適しているのプログラミング言語がSwiftとなっています。

Swiftの特徴

Objective-Cをベースに開発されたSwiftの特徴はこちらです。

  • Apple社が開発した言語
  • 可読性が高い
  • 処理速度が速い
  • Objective-Cとの互換性
  • オープンソース
  • 学習難易度が低い
  • 高単価で需要も高い

Apple社が開発した言語

先ほど説明したようにSwiftは、Apple社によって開発された言語です。

その為、iPhoneアプリなどApple製品のアプリケーション開発には最適であり、またObjective-CよりもSwiftが主流になってしまったように、この領域でSwiftにとって代わるプログラミング言語が登場する可能性は低いです。

つまり、Apple社が開発した言語である故に、Swiftの価値が下がるリスクは少ないでしょう。

可読性が高い

Swiftはモダンな言語ということもあり、可読性に優れています

ちなみに、モダンとは『現代的』という意味で、可読性とは『読み書き』のことです。

要は、コードが読みやすく書きやすいという特徴がSwiftにはあります。

ちなみにPythonJavaなどのプログラミング言語の良いところも取り入れて可読性の高い言語になるよう開発されています。

処理速度が速い

Swiftという名前は、『迅速』や『速い』という意味も持ち合わせています。

そしてその名前の通り、非常に高速であるという特徴があります。

同じiPhoneアプリ開発に使用されるObjective-Cよりも最大で2.6倍速く、人気のプログラミング言語であるPythonよりも最大で8.4倍もの速度を実現できます。

Objective-Cとの互換性

SwiftはObjective-Cと互換性があります。

その為、Objective-CとSwiftのコードが混在していても問題ありませんし、Objective-Cで開発途中のアプリをそのままSwiftで開発できるといったことも可能です。

さらには、Objective-CのフレームワークやライブラリをSwiftで使用できるなど、シームレスに使用できる特徴もあります。

Objective-CからSwiftへの移行も容易に行える環境が整っています。

オープンソース

Swiftは、オープンソースのプログラミング言語です。

オープンソースということで、優秀なエンジニアが開発したSwiftのソースコードが公開されていることもあり、そのソースコードを活用しiPhoneアプリなど開発を効率的に進めることが出来ます。

学習難易度が低い

先ほど紹介したように、Swiftは可読性の高いモダンな語ですので学習難易度の低いです。

また、SwiftではXcodeという統合開発環境が主に使用されますが、特にこの開発環境を構築する手間は少なく、MacのApp Storeから無料でインストールすれば、利用することができます。

プログラミング言語自体シンプルで学びやすい特徴があり、さらには環境構築という点でも挫折する可能性が低いので、初心者でも非常に学びやすいプログラミング言語です。

高単価で需要も高い

先ほどSwiftの単価相場や平均単価などを紹介しましたが、この単価は他プログラミング言語と比較しても非常に高額です。

また、Swiftは案件も多く需要は高いです。

スマホアプリ開発というニーズの高い領域で安泰的に活躍できる可能性があるSwiftは非常に価値のあるプログラミング言語です。

Swiftでの開発に必要なもの

Swiftで開発をする上で、Swiftの知識やスキル以外に最低限必要なものがありますので紹介していきます。

  • Apple ID
  • Xcode
  • Developer ID
  • App Store Reviewガイドライン

Apple ID

Swiftで開発していくためには、AppleIDが必要です。

ただここで言うAppleIDは、iPhoneやMacユーザーがアプリをインストールするために使うAppleIDではなく、iPhoneアプリ開発者として登録をしたAppleIDが必要です。

開発者として登録したAppleIDがないとSwiftの総合開発環境であるXcodeなどが使用できないので、必ず取得しなければなりません。

Xcode

先ほども出てきたように、XcodeとはSwiftの総合開発環境です。

総合開発環境を簡単に説明すると、プログラミングで必要なツールが集まっており、エンジニアにとって開発する上で欠かせない環境のことです。

このXcodeは、Swiftでの開発では欠かせないので必要なものの一つとなります。

Developer ID

DeveloperIDとは、AppStore以外にアプリを配信するために使用するものです。

要は、開発したソフトウェアやアプリをAppStorer以外の場所でダウンロードできるようにするためにDeveloperIDが必要なのです。

開発したアプリの挙動などをテストするためには様々な端末で確認したりすることもありますが、その際にはDeveloperIDがなければできません。

App Store Reviewガイドライン

どんなアプリでもAppStoreに配信できる訳ではありません。

Apple社が定める要件を満たしていなければ、折角開発したのにも変わらず配信することすら出来ません。

その為、しっかりAppStoreReviewガイドラインを読んで開発を始めるようにしましょう。

Swiftでできること

これまで紹介していることから分かるように、SwiftはApple製品向けのアプリケーションの開発に最適なプログラミング言語ですが具体的に何ができるのかを解説していきます。

  • iPhoneアプリ開発(iPadなどiOS環境も含む)
  • Macアプリ開発
  • Apple TVアプリ開発
  • Apple Watchアプリ開発
  • WebアプリやWebサーバーの開発

iPhoneアプリ開発(iPadなどiOS環境も含む)

Swiftは、iPhoneアプリなどiOS環境のアプリ開発に使用されています。

iOSとは、Apple社製品であるiPhoneやiPadに搭載されているOSです。

日本ではAndroidユーザーよりもiPhoneユーザーの方が多いと言われていますので、iOS用のアプリ開発の需要は非常に高いです。

Macアプリ開発

Swiftは、MacBookやAirMacなどMacPC専用のアプリケーションやソフトウェアの開発に使用されています。
MacPCには、MacOSというOSが搭載されておりシンプル差に特徴があります。

その為、日本でもMacPCには根強い人気があり、MacOS用のアプリ開発エンジニアは欠かせません。

Apple TVアプリ開発

Apple TVというメディアストリーミング端末をApple社は提供しておりますが、そのAppleTVのアプリの開発もSwiftで行います。

ちなみにAppleTVには、tvOSというOSが搭載されています。

Apple Watchアプリ開発

AppleWatchのアプリを開発するためにもSwiftが使用されています。

iPhoneとAppleWatchはペアリングできるので、AppleWatchもiPhoneと同じOSであるiOSが搭載されていると思っている方もいるかもしれませんが、AppleWatchにはwatchOSという専用のOSが搭載されています。

ただ、iOSをベースに開発されており、iOSと共通の機能も多いです。

このように、Apple社製品のアプリ開発は全てSwiftによって開発されています。

WebアプリやWebサーバーの開発

Swiftは、Apple社製品のアプリ開発以外にもWebアプリケーションやWebサーバーの開発も出来ます。

しかし、この領域での案件は多いとは言えず他プログラミング言語い比べ需要は低いです。

それでもSwiftのサーバーサイド開発用のフレームワークやライブラリの充実化などで、活躍の場が広がる可能性もあるでしょう。

Swiftエンジニアにおすすめの資格

Swiftエンジニアになるために資格は必要ありませんが、Swiftの能力を資格で証明するためにおすすめな資格がありますので紹介します。

Swiftエンジニアにおすすめの資格はこちらです。

  • App Development with Swift

App Development with Swift

App Development with Swiftとは、Apple社が提供しているSwiftやSwiftを使って開発するのに必要なXcode、またアプリ開発ツールの基礎知識を証明する資格です。

2018年より開始されており、2019年12月より日本でも受験できるようになっています。

Swiftに直接かかわる資格としてはこの一つですので、Swiftの技術力を資格として証明したい、Swiftエンジニアにはおすすめの資格試験です。

App Development with Swiftの試験概要はこのようになっています。

試験時間50分
出題形式選択式
試験実施方式CBT試験
※コンピュータを使った試験方式
試験の言語英語
受験料一般:9,800円(税別)
学割:7,800円(税別)
試験会場オデッセイ テスティングセンター 有楽町

今のところ日本語版の資格試験は無く、英語での出題にはなりますが、Swiftに直接関わる唯一の資格試験ですので、Swiftの能力を証明したい方はぜひチャレンジしてみてください。

最後に

Swiftの単価相場や平均単価を紹介しましたが、Swiftは高単価の案件が多く非常に稼げるプログラミング言語です。

また、iPhoneアプリ開発など需要の高い領域で活躍でき、今後の将来性も高いでしょう。

Swiftはプログラミング言語の中では学習難易度も低いので、初心者であっても学びやすいおすすめのプログラミング言語です。

もし、漠然と何かしらのエンジニアになりたいと考えている人にとって、Swiftは選択肢に入るプログラミング言語なのかもしれません。

もちろん、iPhoneアプリを開発したい方はSwiftを第一優先に学ぶことをおすすめします。