超高グラフィック性能のゲームエンジンUnrealEngine案件の単価相場は?

SKILL その他(SKILL)

年々市場が成長しているゲーム業界で、UnrealEngineというゲームエンジンの需要も伸びています。

ちなみに世界中で人気のある『フォートナイト』というオンラインのシューティングゲームの開発には、UnrealEngineが使用されています。

そこで今回はUnrealEngineエンジニアはどれくらい稼げるのか?UnrealEngine案件の単価相場について解説していきます。

またUnrealEngineとは何か?UnrealEngineの特徴やできる事などについても解説していきますので、UnrealEngineを使用してゲーム開発をしていきたい方はぜひ参考にしてみてください。

UnrealEngine案件の単価相場

UnrealEngineは70万円台の案件が一番多くなっていますが、60万円台や90万円台、80万円台の案件も割合的には多くなっています。

計測案件数が少ないですがこちらのデータを見る限り、UnrealEngine案件の単価相場は60~90万円台と見て良いでしょう。

ちなみにフリーランスエンジニア専門エージェントNo.1の『レバテックフリーランス』では、UnrealEngineの案件が50件ほどあり、70~80万円台の高単価の案件を多く抱えているようです。(※2021年7月実績)

殆どの案件が60万円台以上となっており、UnrealEngineのスキルがあれば比較的稼ぎやすい状況と言えます。

UnrealEngine案件の平均単価と中央値

UnrealEngine案件の『平均単価』『平均Min単価』『平均Max単価』『中央値』はこのようになっています。

UnrealEngine案件の平均単価は71万円で、中央値は70万円となっており、UnrealEngine案件のミニマム単価の平均は63万円で、マックス単価の平均は77万円となっています。

UnrealEngine案件の単価の中央値は70万円となっていますので、UnrealEngine案件に参画することができれば70万円以上を稼ぐことも難しくないでしょう。

また年換算すると、UnrealEngineは年収840万円以上の案件が半数以上あるということです。

ちなみに『レバテックフリーランス』でUnrealEngine案件を検索すると、平均単価は76万円で最高単価は95万円と非常に高額になっています。(※2021年7月実績)

UnrealEngineとは

UnrealEngineは高単価の案件が多く、稼げるスキルであることは分かりましたが、そもそもUnrealEngineとは何かについて解説していきます。

UnrealEngineとは、アメリカのEpic Games社が開発したゲームエンジンで、UEと略されることが多いです。

ちなみにゲームエンジンとは、ゲーム開発においてよく利用される機能や処理などがあらかじめ一つにまとめられているツールのことで、ゲーム開発の効率やクオリティを向上させます。

ゲームエンジンにはUnrealEngine以外にもUnityなどがあります。

UnrealEngineは、まだまだ日本では需要が高いとは言えませんが、優れたゲームエンジンでありゲーム開発以外の分野でも活躍しています。

そして、2021年中にリリース予定のUnrealEngineの最新版であるUnrealEngine5は、リリース前からかなり注目度が高いようです。※UnrealEngine5のアーリーアクセス版は既に公開されています。

UnrealEngine5

UnrealEngineは、2021年に最新版のUnrealEngine5がリリースされる予定で、PlayStation5を利用して映像を公開したこともあり、かなり注目度が高まっています。

ゲーム開発に必要な様々な機能を十分備えているUnrealEngineですが、UnrealEngine5ではさらなるパワーアップをする予定で、『Nanite』と『Lumen』という2つの新機能が実装されることが紹介されています。

Nanite

UnrealEngine5で新たに実装される『Nanite(ナナイト)』とは、仮想化マイクロポリゴンジオメトリシステムという機能です。

これにより数億ポリゴンを超える高品質なデータを取り込めるようになり、従来では不可能だった映画レベルの品質を実現することが出来るようになります。

表現の幅は広がり今まで以上にクオリティの高いゲーム開発を行えるクリエイターには嬉しい機能です。

Lumen

もう一つUnrealEngine5に新たに実装される『Lumen(ルーメン)』とは、完全動的なグローバルイルミネーションシステムという機能です。

これにより、例えば光・ライトなどの角度や明るさの設定を変更した場合には、 画面も即座に反応するようになるなど、より高品質な動的でリアルなシーンを作成することが可能になります。

またLumenによりこれまで必要としていた作業がなくなり、ゲーム開発効率化にも繋がります。

UnrealEngineの特徴

UnrealEngineの特徴はこちらです。

  • 超高性能のグラフィック機能
  • ブループリント機能
  • 無料の学習プラットフォーム

超高性能のグラフィック機能

UnrealEngineは、他を寄せ付けないほどグラフィック性能が非常に高いです。

つまり、映像がものすごく綺麗ということです。

ちなみに映像の質が高いゲームの代表である『ファイナルファンタジー』はUnrealEngineを使用して開発されています。

そして、UnrealEngine5ではさらにグラフィック性能がパワーアップする予定となっています。

ブループリント機能

UnrealEngineには、ブループリント機能というプログラミングを行わずに直感的にゲームが作れる機能が搭載されています。

UnrealEngineがブループリント内に備えているアセットや機能は使用できるため、ノンプログラミングで効率的にゲーム開発を進めていく事が出来ます。

ただ、独自のアセットや機能などの実装には、別途C++でのプログラミングが必要にはなります。

無料の学習プラットフォーム

UnrealEngineの公式サイトには、無料でUnrealEngineを学べるプラットフォームがあります。

これからUnrealEngineを学ぼうとする人には嬉しいコンテンツです。

UnrealEngineの活躍の場

UnrealEngineはゲームエンジンですのでゲーム開発によく使用されますが、UnrealEngineの特徴を活かし、それ以外の分野でも活躍しています。

  • ゲーム業界
  • テレビ業界
  • 医療業界

ゲーム業界

UnrealEngineはゲームエンジンですので、ゲーム業界で使用されることは言うまでもありません。

世界的有名なシューティングゲームである『フォートナイト』や質の高い映像で有名な『ファイナルファンタジー』などの開発に使用されており、確かな実績があります。

またUnrealEngine5のリリースについてPlayStation5の映像を利用して発表しているため、今後PlayStation5とUnrealEngine5の関係性にも注目です。

テレビ業界

UnrealEngineは、テレビアニメの背景やアニメーション映像、テレビ番組の映像と仮想セットの合成などテレビ業界でも使用されています。

質の高い映像が求められる業界で、UnrealEngineは豊富な実績があります。

医療業界

UnrealEngineはVR開発にも適しており、VR医療シミュレーションなどにも使用されています。

リアルタイムレンダリングというUnrealEngineの技術を活かし、医療分野でも大きく貢献しています。

UnrealEngineエンジニアに必要なスキル

UnrealEngineエンジニアにとって、最低限のUnrealEngineに関する知識や操作スキルは必要です。

ただUnrealEngineエンジニアとして十分活躍するためには、UnrealEngine以外にもプログラミング言語や様々な経験が必要になります。

ブループリント

UnrealEngineに搭載されているノンプログラミングでゲーム開発ができるブループリントのスキルは必要不可欠でしょう。

ブループリントを使用すればゲーム開発を効率的に進められますので、UnrealEngineエンジニアは習得しましょう。

C++

ゲームなどUnrealEngineの環境で開発する際に、C++のスキルがあると良いでしょう。

UnrealEngineに搭載されているブループリント機能を使用すれば、ノンプログラミングでゲーム開発を進めることができますのが、独自のアセットや機能の開発にはC++が必要になります。

C++のスキルがあればUnrealEngineエンジニアとしての仕事の幅は広がるでしょう。

様々なゲーム開発実装経験

UnrealEngineはマルチプラットフォーム対応ですので、PCやスマホ、家庭用ゲームなど様々なゲーム開発に使用されますが、ゲームと言っても種類によって開発実装は異なります

その為、UnrealEngineを使用しスマホゲーム開発を目指したいのであれば、スマホゲーム開発の実装経験や運用経験があると良いですし、その他のゲームであればそのゲーム開発の実装経験や運用経験があることが望ましいです。

最後に

UnrealEngineは、比較的高単価の案件が多く稼げるスキルではありますが、まだまだ日本では高い需要がある訳ではありません。

しかし、超高性能なグラフィック性能がUnrealEngineにはあり、今後もパワーアップしていきますので、活躍の場は増えてくるのではないでしょうか?

ブループリント機能というが搭載されており、ノンプログラミングでもゲーム開発ができるので、ゲーム開発に興味がある人はUnrealEngineを学んでみることをおすすめします。